【レビュー】シュプリーム スーパーソーカー50 ~ファッションブランドとナーフがコラボした!めでたい紅白の水鉄砲~

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

【レビュー】シュプリーム スーパーソーカー50

サイズ・重量全長48cm  重量500g

発売年

シリーズ

2019

Supreme X Super soaker

飛距離10m?装填数
 入手先フリマアプリ、通販サイトなど

シュプリーム スーパーソーカー50って?

先日に書いたこの記事を皆さん覚えていらっしゃいますでしょうか。

ナーフの水鉄砲シリーズとして有名なスーパーソーカー。実は当初は別の会社のブランドだったことは今となっては案外と知られていません。 元々...

そう、Supremeの水鉄砲です。ファッションブランドがハズブロとコラボして水鉄砲を出す……なんだかすごい時代がやってきたものです。

ちなみに復刻版というような水鉄砲でして、オリジナル版はこちら。

画像出典:(c)Hasbro

1990年から何度かに分けて再販されているスーパーソーカーの元祖的存在、スーパーソーカー50です。一番最新でも2009年の発売(再販)でしたので、長らくの絶版を経て「復活」ということでSupremeブランドのファンだけでなくナーフ(スーパーソーカー)のファンも大注目のアイテムです。

日本でも公式オンラインショップで販売され、わずか数分で売り切れたほど(一応、私も発売時はチェックしていました)。
ただ購入者のほとんどはいわゆる転売屋さんだったようで…

ナーフらしいオープンパッケージ

スーパーソーカーと同じようなオープンパッケージです。ただし販売時は透明なフィルム袋に入れられています。

定価は6,500円。なんてことはない値札シールなんですが、裏面にはちょっとした仕掛け?があります。
そう、商品タグなんです。店頭ではこれが使われるんでしょうか。

袋を開けました

透明ビニール袋はセロテープで止めているだけなので簡単に開封できます。

スーパーソーカーのロゴ。ハズブロのナーフシリーズですのでNERFと組み合わさったデザインですね。

中央には大きく「Supreme」のブランドロゴが。右にはハズブロのマーク。

パッケージ裏面は非常に簡素です。
下の方は日本語での警告表記などが書かれたシールが貼られています。

対象年齢は6歳以上。

箱から取り出しました。

本体は真っ白!

本体は純白というような、写真ではなかなか綺麗に撮りにくいくらいの光りっぷりです。フラッシュだと白く飛んでしまいました。

銃口部を除けば紅白の二色です。

今の水鉄砲で良くあるようにタンク部分が外せそうですが、このスーパーソーカー50はタンクが本体と一体式ですので外すことが出来ません。

その代わりにここ。上面部にフタがあります。この部分を開けて給水します。

紛失しやすいフタはひも状のパーツで繋がっていますので、どこかへ転がってしまうといった心配はありません。新設設計ですね。

タンクにはロゴが二つ

そうそう、タンク部分にはSupreamのロゴがきちんとあります。単なるカラーバリエーションというわけではないんですね。

照りのあるプラスチック製。なんだか赤いウィンナーみたいに見えてきます。

反対側面はスーパーソーカーのロゴ。ナーフファンとしてはこちらのほうが嬉しい……というと怒られそうですね。

銃口部。オーソドックスな一本水流の水鉄砲ですね。

水量はあまり多くはなさそうですが、細くてまっすぐな水流で狙い撃ちできそうです。

パーツや付属品は

スーパーソーカーとしての付属品はありませんが、Supreme公式のビニール袋が付属していました。

購入店によっては付属しない可能性もありますので欲しい場合は事前に問い合わせておいたほうがよさそうです。

サイズについて

全長48cm。
見た目のイメージと反して、実サイズは案外と大きめです。

サイズの大きさ、カラーリングも含めて非常に目立ちますね。

重量は乾燥時で488g。タンク容量が結構大きく730ccもありますので、満水時は約1.2kgくらいになります。

操作方法など

発射前の空気の圧縮はハンドガード(銃身下にあるスライドパーツ)を前後に動かすことで行います。加圧式の水鉄砲を使ったことがある方はご存知だと思うんですが、圧縮するに従って結構重くなります。

ある程度、空気を貯めたらトリガーを引けば水が勢いよく噴射されます。

今回は通水せずのレビューですのであくまで見た目だけになりますが、空撃ちの場合でも空気の圧縮と噴出だけは可能です。ダーツを撃ちだせるほど勢いよく出るかと言われれば難しいところですけれども。



スペックなど詳細

飛距離 10m?

パッケージには飛距離などの記載はありませんが、ハズブロ版のスーパーソーカー50が35フィート(約10m)と宣伝されていますのでこのSupreme版も同じくらいだと思われます。

余談ですが、この手の宣伝飛距離は斜め上に撃った場合の最大飛距離です。
実際に水平に売った場合には半分以下、5mくらいになってしまいます。

入手方法

公式サイトではすでに取り扱いがありませんので、メルカリや楽天市場などで購入することになります。

外部リンクSupreme

ただ幸いにして価格は下降傾向ですので定価より高くなることは無さそう。楽天スーパーセールなどポイントキャンペーンと組み合わせると案外と安く入手することも可能です。

私もポイントと買い回りキャンペーンなど併用で実質半額くらいで購入しました。

総評:SupremeとSuper Soakerのブランドアイテム

やはりSupremeの水鉄砲ということで目立つのは間違いなしだと思われます。
少なくとも日本においての認知度は「スーパーソーカー」よりも「Supreme」の方が圧倒的に上でしょうし。水遊び場では羨望の眼差しが向けられるかもしれませんね。

一方、スーパーソーカーとしてはどうでしょうか。
私のようなナーフファンにとっては、スーパーソーカーシリーズで最初のモデルであるスーパーソーカー50が新品で手に入る……ということで飛びついた次第。
所有欲という点ではかなり満たされる一品です。このまま飾っておこうかなと思うくらい。

逆に言えばSupremeでもSuper soakerでもこだわらない、普通に水鉄砲として使うというのであれば現行モデルを買ったほうが性能面でも価格でもいいのかな、と思います。
あくまで復刻版。古い設計のモデルであることは否定できません。

※日焼けにご注意

そうそう、この手の真っ白な玩具は紫外線により非常に速く劣化、いわゆる黄ばみが起こってしまいます。特に外遊びで使う水鉄砲ですのでどうしても太陽にさらしてしまうことになりますし、乾かすのに外干しすることもあるでしょう。

黄ばみはプラの宿命ですが、もし純白のまま残したいのであれば、少なくとも乾燥時は陰干しか、屋内で乾すことをお勧めいたします。

スポンサードリンク



シェアする