【新製品】日本アマゾンでナーフ ウルトラ・ワンが予約受付中…販売は2019年12月6日!

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

先日に米アマゾンに登場した新世代ナーフ「ウルトラ・ワン」をご存知でしょうか。

硬質発泡スチロールで作られた弾を使用する従来とは全く異なるブラスターでして、飛距離はなんと37m。かつ、従来よりも大幅に精度アップしているとのことで大きな話題を呼びました。

ナーフに新しいシリーズが登場することが分かりました。その名も「ウルトラ ワン」 2019年10月1日に公式に情報解禁されるようです。
10月1日。いよいよナーフ ウルトラ・ワンの解禁日です。 従来のナーフ弾からあえて脱却した新仕様のナーフブラスターということで、賛否両論含めて非常に大きな注目を集めています。 価格は10月2日時点で送料込み7300円。

本体価格もさることながら大型パッケージ故に国際送料が割高感がありまして、ナーフマーケットとしても見逃しておりました。

が、ついに日本へ上陸することがわかりました。これはきっと「買え」という流れなのでしょうか。

【Amazon.co.jp 限定】ナーフ ウルトラ ワン 電動ブラスター 公式ウルトラダーツ25本付属 E6596 正規品

2019年12月3日時点での価格は8,800円。
おそらく多少の割引は今後もあるとは思いますが、なかなか高額なナーフですね。

販売開始は2019年12月6日。

ちなみに使用するダーツはコレ。

通常の青いナーフ弾は使用できません。
ウルトラシリーズ専用のダーツになります。

梱包材でよく見かける発泡スチロールで出来た弾ですね。空力性能のためか安定翼が付いています。もちろん軽量ですので飛距離37mといいつつも危険性は少なく、対象年齢も8歳以上用と据え置きです。

なお、この記事を書いている12月3日の時点ではまだ予約や取り扱いの案内はありません。価格も不明。

海外ではすでに販売されております。49.99ドルに送料を足すとだいたい8,000円代になりますでしょうか。
そう考えるとそこまで割高ではないのかも。

気になる評判は?

ナーフマーケットとしてはまだ使ったことがないので良くは分かりませんが…。
海外のSNSなどの評判を見る限りは、今のところはあまり芳しくはない感じかもしれません。

よく見かけるのが”期待はずれだった”という点。
次世代ナーフという宣伝からも、おそらく飛距離も精度も皆の期待が大きかったというのもあるんでしょうけれども。

  • 37mも飛ばない
  • モーターの回転数アップに時間がかかる
  • 風の影響を受けやすい

などなど。
皆が期待していたであろう、遠くの的をスパッと射落とすという感じではなかった模様。

あとこちらもよく見かけるんですが「専用弾が高い」という点。
ボルテックスシリーズやメガダーツでも同様に言われていますが、やはりノーマルダーツ以外の「専用弾」はどうしてもコストが高くなってしまいます。
アメリカ国内でも1発あたり0.5ドルもします。

こういうトイガンっていうと弾を紛失してしまうのは日常茶飯事ですので、あまりに弾が高いと気軽に遊べないんですよね。

今後に期待

こういったネガティブな意見が多いのは始まったばかりのシリーズでは仕方ないこと。
今後、ウルトラダーツがもっと安くなるとか対応ナーフのラインナップが増えていけば、もしかするとメインシリーズの一つになる可能性だってあります。

例えばメガ・シリーズが登場した時も同様の意見がありました。高い、割れやすい!って。
それからシリーズが続いて数年。今もまだダーツは高いとは言え、メがシリーズらしさとしてその地位を十分に確立していますよね。

画像:ハズブロ

ウルトラシリーズも同様にまだ始まったばかり、まだ発展途上のシリーズです。
今後、ワンの次にウルトラ・ツーやウルトラ・ドス(モンハン的な)が出るかもしれません。そうなった時にどこまで面白いナーフになっているか。そこがまた楽しみな部分です。

今現在は唯一無比のウルトラ・ワン。セールになれば飛びついてみてもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク



シェアする