【雑記】これからのナーフの方向性について考察

シェアする

言語切り替え

先日よりナーフ界隈を賑わしているリーク情報があります。

一つは「ELITE2.0」。
ナーフの新しいシリーズですね。

もう一つが「ナーフ ハイパー」。
エリートでもライバルでもウルトラでもない、全く新しいシリーズとしてのナーフです。

これらに関して公式な情報はまだまだ少なく、特にハイパーに関してはどんなナーフになるのか、どのような性能なのかはまだ不明な状態です。

と同時に複数のナーフシリーズの新製品が途絶えてしまっています。つまり今年はナーフシリーズによって大きな転換点となる年かもしれません。

これからのナーフの方向性は?

前回も書きましたが、これはあくまで個人的な主観としてなのですが、どうもハズブロはナーフシリーズの再編を行いたいのかな、と思ったりしています。

ナーフマーケット恒例のシリーズ年表。

シリーズ年表

グレーで囲った部分は新製品が出ていない、もしくは新製品についての情報がないものです。

と、これだと分かりにくいので一部を非表示にしたのがこちら。

シリーズ年表(抜粋)

映画やゲームとのコラボシリーズや、ウォルマート限定などを省略したのがこちらの年表になります。

こうしてみると2020年も続いているシリーズは「エリート(定番)」「ゾンビ(キワモノ)」「アルファストライク(低価格)」「マイクロショット(コレクション製)」「メガ(マグナム的)」「ライバル(高年齢層向)」「スーパーソーカー(水鉄砲)」しかありません。
それぞれの特徴が被らないようになってきたと思えてきませんか?

例えば従来のモジュラス(拡張性)やアキュストライク(高精度)は売りではあったものの、エリートシリーズより飛び抜けて優れていたのかというと……

2019年のウルトラシリーズの登場と拡充

例えば昨年10月のウルトラシリーズ

【新製品】ナーフ ウルトラONEがまもなく登場! 情報解禁は10月1日

【新製品が続々】ナーフ ウルトラシリーズのまとめ(2020年4月)

これらは専用ダーツを使用し、飛距離30m超と今までにない高い精度をPRしています。

ちなみにウルトラシリーズはまだまだ出る模様。

バージョンアップのエリート2.0

そしてこのエリート2.0

前回に書いたこのエントリーをご覧ください。

続々とエリート20のナーフが登場していますね。 すでに一部の店舗(海外ですが)では商品ページが用意されていたりもします。 例えば...

どうやら既存のNストライクエリートを新規に作り直した、バージョン2.0という意味合いになるようです。と同時にNストライクの人気モデル、定番モデルはリファインされて再登場する模様。

詳細不明のハイパーシリーズ

まだ正体不明ではありますがナーフ・ハイパーシリーズもあります。

こちらも前回の記事を御覧ください。

まだ情報がほとんど出ていない「ナーフ・ハイパー」シリーズ。 その商品情報が米ウォルマートに登録、商品ページが公開されたことが明らかにな...

まだ情報は多くはないのですが、英アマゾンで商品ページが公開された(写真なし)という情報もありましたので公式な情報公開はまもなくのはず。

噂としてはBB弾くらいのサイズの弾を使う、対象年齢14歳以上用の対人特化モデルになるのではないかという話もあります。

そして途絶えるモジュラスとアキュストライク

そして逆に新製品の情報が途絶えたモジュラスとアキュストライク
モジュラスは高い拡張性、アキュストライクは高精度を売りにしたシリーズです。

前述のように商品ラインナップの多さから特色が重複したり、もしくはどうしても埋没してしまうことが多く、いわゆるセールの常連となっていました。

カスタマイズ性も他のナーフが十分な拡張性を持っていたり、高精度をPRしたとしても期待されるほどのものではなかったりと……

次の50年に向けて?

2019年がナーフブランド50周年の年でした。

【新製品】ナーフ50周年記念「ICON」シリーズとしてマグストライク、スタンピードが復刻販売へ

言い換えれば今年は新しい新しいピリオドになるわけでして、大きな転換点であることは否定できません。

また年齢層による棲み分けとして、

安全性を確保した対象年齢8歳以上の「ダーツ」を使うナーフシリーズ。

より高初速で対人向けの対象年齢14歳以上の「ライバル」と「ハイパー」シリーズ。

この2本立てで今後は展開していくのかなーと思ったりしています。

スポンサードリンク



シェアする