【雑記】最強のナーフはどれか?

GoogleはWebオーナー向けに「サーチコンソール」というサービスを提供しています。誰でも無料で利用できるサービスでして、その中で「どんなワードで検索されているか」を教えてくれる機能があります。いわゆるユーザーのニーズを知ることが出来るんですね。

ナーフなどに特化したサイトですので、記事内容とニーズは合致していると思っていたんですが……ひとつだけ抜けているものがありました。

「ナーフ 最強」

そう、最強のナーフはどれか?というコンテンツです。よく考えたら今現在の膨大すぎるナーフのラインナップの中でそういうランキングやピックアップってあんまりやってこなかったなかったなーと。

「好きなナーフが最強」という少年誌的なまとめ方でもいいんですが、せっかくなので今回は最強ナーフ(個人的な主観)でピックアップしてみることにしました。

 

その1、「戦いは数!装弾数最強」

戦いは数だよ兄貴」という有名なセリフがありますが、ナーフ戦において装填数の多さは火力に直結します。敵が弾切れした中で撃ち続けられるのであれば、それこそ最強なはず。

Nストライクエリート・ヘルファイア

18連マガジンを8本抱えることが出来る超弩級のブラスターがこのヘルファイアです。

初期付属のセットだけでは6発マガジン×4本でわずか24本しかありませんが……

実はロングタイプのマガジンに変えることで18×8=144発という装弾数を達成可能。
これは2022年時点でのダーツ型ナーフでは最多です(ライバルシリーズでは200とかありますが)。
写真では4本ですので18×4=72発。

【レビュー】Nストライクエリート ヘルファイア ~まさに弾雨、まさに地獄の火炎~
ヘルファイアはハズブロ社が2012年に発表したブラスターです。エリートシリーズのフラッグシップモデルとして発売されました。単3電池4本で動作するフライホイール式のセミオート・ブラスターであり、ダーツ容量は使用するマガジンによりますが、6×8

幸いにもマガジンは共通規格品ですので他のナーフのものが使えますし、単体でも安く入手可能(互換品でも)。

 

ちなみにダーツではなくボールを撃ち出すライバルシリーズでは装弾数200発というシロモノもあります。

 

その2、アウトレンジ攻撃=無敵!飛距離最強

そもそも相手が攻撃できない位置からこちらが撃つことができれば一方的にボコボコにできるわけでして、そういう意味でも飛距離は最強への第一歩です。
その中でも特に飛距離が長いのはどれになるんでしょうか。

※ウルトラシリーズが登場したことで最大飛距離は34mラインとなりました。メガサンダーボウは2019年時点での選出となります(2022年追記)

ナーフ ウルトラ ファラオとは
従来よりも長い飛距離、高い精度を誇るブラスターとして登場したウルトラ。最初は賛否両論、まさに二分していましたが……最近ではようやくその評価が落ち着いてきたかな、と思うところです。特撮ヒーローから古代エジプトの王に実は以前に「ウルトラ・セブン

 

メガ サンダーボウ

dsc02166

パッケージ飛距離30mという高威力なメガ弓です。弓と言っても撃つのは矢ではなくメガダーツ。当たっても安心です。

【レビュー】メガ サンダーボウ ~まさに赤い稲妻!?高威力を生み出す巨体~
2014年に登場したメガダーツを連射できる弓型ブラスターです。当時、まだまだラインナップの乏しかったメガシリーズの中でのいきなりの登場にナーフファンの間では大きな話題となりました。こちらはメガシリーズ標準色である赤色を基調としたデザインで、

メガダーツの特徴としてノーマルダーツよりも重く、それによる直進性の高さが大きなメリットになります。比べてみるとその撃ち味の違いに驚くはず。

なお同じメガシリーズにはセンチュリオンもパッケージ飛距離30mという表記がありますけれども、バレルに干渉する関係で飛距離が落ちる傾向があるのでサンダーボウを最強としました。

余談ですが

対人には使えないという前提ですが矢を撃ち出すシリーズもあります。こちらは飛距離32m。

【レビュー】デュードパーフェクト シグネイチャーボウ ~サイズも威力も全く異質な魔弓~
2017年に販売されたdpシリーズ(Dude Perfect)の本格弓、それがこのシグネイチャーボウです。元々は女児向きのレベルシリーズからプラチナボウとして販売される予定だったようです。【新製品情報】レベル プラチナ・ボウの販売中止?公式

 

ウルトラシリーズ含めて専用弾を使用しますので一般的なナーフ(エリート、メガ、ライバル)との互換性はありません。

 

その3、マッハパンチ!!連射こそ最強

一般にはナーフはエアガンと違って連射できませんし、フルオート式だったとしても連射速度が秒間2~3発と非常に遅いもの。

でも中にはこの連射力にステータスを全振りしたようなブラスターも存在しています。一気に大量のダーツを叩き込むことで避ける暇も与えずノックダウンさせてやりましょう。

Nストライク マグストライク

装弾数は10発。0.6秒で弾倉が空になります。

【レビュー】Nストライク マグストライク ~秒間10連射!最速のナーフ~
2007年にNストライクシリーズとして発売されたブラスターがこのマグストライクです。過去にはダートタグシリーズとして赤と青、アイアンマンとのコラボ商品として赤金の動画他モデルが販売されており、このNストライクカラーはいわゆるバリエーション(

 

ただまぁ、空気の圧縮に物凄い時間と労力がかかるわけですけれども……。

そうそう、2019年には再販されましたので新品での入手がしやすくなりました(ただし日本へ発送不可)
あと普通に使うのであればハイパーファイア(7.5発/秒)の方が使いやすいです。タイタンの50連マガジンを利用すると6~7秒近く撃ち続けることができます。

【レビュー】Nストライクエリート ハイパーファイア ~秒間5発の圧倒的火力~
2016年に発売されたナーフ史上最速の連射速度を誇るブラスターがこのハイパーファイアです。その発射速度は最大で秒間5発。付属の25発マガジンが5秒で空になる計算になります。フルオート型といえば過去にはスタンピード(約2発/秒)やラピッドスト

 

 

その4、世界のどこでも手に入る…グローバルスタンダード最強

毎年ラインナップが変わる、または国や地域で販売商品が異なるナーフはどうしても入手しづらくなってしまいます
軍備という観点では最もいい武器は入手性(コスト)と整備性が優れるものが良いとされています。更に使いやすくて性能もそこそこ一定であるならばベストです。

Nストライクエリート ディスラプター

【レビュー】Nストライクエリート ディスラプター ~原点回帰~
本日発売のディスラプター。海外版ではなく国内版を購入しました。国内版とはいえ飛距離は21m(海外版は27m)。通常の国内版が15mでしたので大幅なアップです。またユニバーサルダーツ(吸盤ダーツ)が付属しますので、飛距離6mの差を考えても国内

 

実は先日に行ったこの調査記事で見つけた事実があります(2019年調査)。

【自由研究】日本のナーフは本当に高いのか? 各国の価格を調べてみた
SNSで見かける「ナーフって高いな」という意見。至極最もだと思います。私も思います。「なんでこんなに高いんだ」って。きっとパソコンパーツで言われる「Ask税」だとか、ゲームなどの「おま国価格」とかあるんじゃないか、と。もちろん日本の物価にあ

その中でディスラプターが販売されている国が非常に多いことがわかりました。
欧米だけでなく豪州、南米ブラジル、南アフリカ、中東のアラブ首長国連邦まで。いわゆるグローバルスタンダードなナーフとしての地位を築いているのがこのディスラプターになります。

世界のどこでも手に入り、同じ感覚で使えるというのであれば、それこそエージェント(?)にとっては最強のツールと言えるのではないでしょうか。

なお、2022年ではエリート2.0 コマンダーがスタンダードに成りつつあります。

【レビュー】エリート2.0 コマンダー ~生まれ変わった定番ナーフ~
ナーフ エリート2.0コマンダーのレビューです。リボルバー型ブラスターでコストコでも安く売られています。

 

その5、ポケットの中のミニウェポン!隠し武器最強

どんなに大きくて連射力と飛距離があるナーフでも、もしくは小さくて安いものだったとしてもナーフ戦においてヒットという扱いは全く同じです。
となれば身のこなしで敵弾を避けまくり、相手の裏をかくような行動を取れる人であれば、動きを妨げない小さいナーフは最強といえるのかもしれません。

手のひらサイズのナーフのジョルトはまさに適任ではないでしょうか。構造が簡単ですので不発が少なく、信頼性も抜群です。

【レビュー】Nストライクエリート ジョルト オレンジ~小さくて安い常備ナーフ!?カバンに、ポケットに、引き出しに~
【レビュー】Nストライクエリート ジョルト オレンジサイズ・重量全長8.5cm  重量54g発売年シリーズ発売元2011年Nストライクエリートハスブロ初速12~13m/s装填数×1発入手先 対応弾...

 

このジョルト、日本では2019年時点で販売されておりませんので入手ハードルがちょっと高め。その代わりに見た目(外装)を変えたマイクロショットシリーズが国内で数多く出ておりますのでそちらを買うのもありではないでしょうか。

余談ですが

過去にはシークレットストライクというものもありましたが、こちらは扱いにくいのと入手性も難ありですのであまりお勧めはできません。パッキンの劣化で空気漏れがあると修理不能です。

【レビュー】Nストライク シークレットストライク ~小さいけれど威力は第一線級!~
最小のナーフと呼ばれたシークレットストライクのレビューです。空気式で撃って楽しいナーフです。

 

その6、見た目凶悪度MAX エアゾーン・パニッシャー

パニッシャーといえば「コール ミー ザ・パニッシャー!」というセリフでおなじみのダークヒーロー映画。
復讐のためにすべてを捨てた男といえば格好いいですが、特殊能力も無い、ぶっちゃけ戦闘能力もそんなに高くない主人公がいかにして敵組織を追い詰めていくかという過程が面白い映画です。ラストの爆破は映画史上に残ると勝手に思うほどの名シーン。このためだけにわざわざ決戦前に準備してたのかよ…と。トーマス・ジェーン主演の2004年版がオススメ。

と、映画のレビューになりそうなので話を戻しますと、このパニッシャーは銃身が回転します。ベルト糾弾です。ガシャガシャ駆動しながら ダーツを連射できます。その動作はもう迫力満点。かなり古いブラスターではあるのと動作不良が非常に多いのが難点ですが、これは楽しい。

ただ性能という点では驚くほど低いです。そこだけは期待してはいけません。

【レビュー】エアゾーン パニッシャー ~まるでミニガン!銃身が回転する大迫力ブラスター~
多数の銃身を高速回転させながら発射するガトリングガンという銃火器があります。複数の銃身を入れ替え(回転させ)ながら装填・発射・排莢を行うことで毎分3000~4000発という非常に高い連射速度を実現することが可能となっています。映画でも派手な

現在では廃盤のためネットオークション等で探すしかありません。

ナーフで、かつミニガン風が欲しいならタイタンCS50もありです。ベルト給弾ではないのが少し残念ですが。

【レビュー】Nストライクエリート タイタンCS50 ~ついに出た!回転銃身のフルオート・ビッグブラスター~
【レビュー】Nストライクエリート タイタンCS50サイズ・重量全長90cm  重量3kg発売年シリーズ2019Nストライクエリート初速18~19m/s(100均の電池)装填数×50発 入手先  対応弾エリートダーツ吸...

 

 

その7、危険度MAX タイタン

2019年に出たばかりのタイタン。

【レビュー】Nストライクエリート タイタンCS50 ~ついに出た!回転銃身のフルオート・ビッグブラスター~
【レビュー】Nストライクエリート タイタンCS50サイズ・重量全長90cm  重量3kg発売年シリーズ2019Nストライクエリート初速18~19m/s(100均の電池)装填数×50発 入手先  対応弾エリートダーツ吸...

実は以前にも同名のナーフがあったのはご存知でしょうか。

それがこのロケットランチャー式のタイタンです。
圧縮空気式で数十gの巨大なロケットを10~15mくらい先まで飛ばすことが出来ます。

何しろ危なっかしく、ガラスが割れたとか顔にあたって鼻血が出たというエピソードもあるほど。実際に売ってみるとわかるんですが「これは人に向けて撃ったらダメだな」と納得できるレベルのシロモノです。

 

改造することでノーマルダーツも発射可能になるんですが、その場合も結構な初速が出ますのでやっぱり人に向けて撃ってはいけません。

【レビュー】Nストライク タイタンAS-V1 ~威力もネタ度もタイタン級のブラスター~
【レビュー】Nストライク タイタンAS-V1サイズ・重量全長76cm  重量--kg発売年シリーズ2004Nストライク初速11m/s装填数1発 入手先  対応弾タイタンミサイル(別売無し)★この記事は...

 

 

その8、人気No1 ロングストライク

魅力いっぱいのナーフの中でもおそらく最も人気が高いのがこのロングストライクです。狙撃銃らしい整ったスタイリング、ボルトアクション、マガジン式。人気が出ないわけはありませんよね。
このロングストライクを見て初めてナーフを買った人も当時は多かったんではないかなーと思います。

2009~2011年くらいまで発売された後は長らく絶版になっており、かなりのプレミア価格になっておりました。国内でも1万ほどとお高め。

【レビュー】Nストライク ロングストライク ~デカい・重い・使いにくい・・・でも格好いい~
もし仮に「ナーフ」の中で人気投票をしたとすれば…恐らく1位を取るのがこのロングストライクではないでしょうか。すでに絶版から8年近く経過しておりますが、となってしまった今でもその人気は衰えていません。2010年に登場したこれぞスナイパーライフ

 

幸いにも2018年後半にリニューアルモデルとして再販されました。性能も大幅にアップしておりますので今買うなら断然こちらのほうがおすすめです。

【レビュー】モジュラス ロングストライク ~白い狙撃銃、再び~
好きなナーフランキングを行ったとすれば、おそらくトップ10には必ず入るであろうナーフがあります。それがこのロングストライクでして、2010年に発売したモデルながら今でもなお根強い人気を誇っています。そして2018年。内部...

 

 


と、勢いだけでカテゴリーを決めて選びましたが、ぶっちゃけていうとどれもが魅力がありましてなかなかこれが最強というのは選べません。

ここに無いナーフが最強ではないのかといえば当然ながらそんなことはなく、むしろまだまだ私が知らない魅力あふれるナーフは山程存在しています。

また当然ながらトイガンに分類される玩具なんですから練習して、扱いに慣れた人ほどうまくなるのは当然のこと。そういう点では性能やスペックではなく「いかに手に馴染むか」が最強ナーフの要因のひとつなのかもしれません。

 

とりとめもないまとめ方ではありますが言いたいことは唯一つ。

 

「愛銃こそ最強だ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました