[Review] WORKER new darts-Increased weight, increased accuracy, improved durability, reduced flight distance-

ナーフ アクセサリ

WORKER is famous for working with many modified parts of Nerf.
We handle a wide variety of products such as reinforcing springs, exterior parts and even original blasters.

Of course, there are original products for darts, and there are many people who have seen short darts that are cut short.

WORKER soft form dart (full dart)

(C)WORKER

A redesigned dart based on the conventional WORKER dart technology.
In particular, it has succeeded in reducing air resistance and improving flight distance and accuracy.

It seems that there are some sites that use the name “full” darts for short darts.

Difference from elite darts

The sponge has the same length and diameter. Is the material a little hard? That’s about it. Rest assured that it is not a ticking.

 

The warhead is made of flexible black rubber and has a slight gap between the warhead and the sponge.

This is for impact cushioning or aerodynamic performance. Pain when shot was the same as elite darts.

It’s not a gimmick, but when this WORKER dart flies, hugh! And wind noise. It is an item that was not in the product description, but it is a nice bonus with a powerful force.

I tried to compare

That ’s why it ’s live.

It seems to be “a dart that can cope with a powerful nerf”, but there is no reinforced remodeling nerf in my home.So I compared the most powerful and familiar hammer shots in my home.

 

The distance is about 7m. We targeted goodwill and recorded the approximate position by taking a video of the impact.

The nerf body is not fixed and is not a sighting device.

Although it is simple, I am aiming at the yellow cross part visually.

1, elite darts

It ’s a standard dart. It is this elite dart that comes with the nerf.
Because it is cheap and durable, it is the best dart to play for the time being.

The weight is 1.0g and the initial speed with hammer shot is 20-21m / s.

test shot

Since the darts are more violent than expected, they often fly in a different direction.
A target that is about the size of a person standing at that distance can target enough, but for example, can you snip when you only have your head out?

In the video, I’m shooting at the right side of the goodwill.
The first one has an amazing trajectory. It flew far above the target. The second shot warped to the left.

The trajectory is almost like this. The accuracy is very large. I get the impression that I don’t know where to fly.

 

2, Accus strike dart

It’s a high precision or highly stable dart. The price is high.
The attached nerf is also the Accu Strike series only.

Nerf was particularly dissatisfied with the user because the accuracy was too bad. What is developed to solve it is this Accus dart. It seems that the wind tunnel experiment was repeated and the shape was designed.

It is not dedicated to Accu Strike and is completely compatible with elite darts so it can be used with other nerfs.

The weight is 1.0g and the initial speed with hammer shot is around 20.5.

test shot

You can see how the elite darts are flying differently. The landing point is down, but it ’s flying straight.

 

This is what it looks like in the figure. Although it is a way of flying that stalls on the way, it has the accuracy to throw the dart into the target location.
Of course, the flying condition varies depending on the nerf used, but if you are about 7-9m away, it can be said that it is almost inevitable.

It’s a little expensive, so it’s ideal for shooting rather than interpersonal battles. There are only genuine darts and the balance in the boxed nerf is probably the best.

3, WORKER darts

Then this WORKER dart.
As with Accu Strike, it has a ballistic stabilization effect, and by increasing the weight, it suppresses the initial blur and succeeds in absorbing the upper and lower errors.

Since it is a nerf compatible product, any nerf compatible with elite darts can be used.

Weight is 1.28g. The initial speed is 16.5-17m / s.

test shot

It falls well below the target. You can adjust the landing point only by aiming up and down because it can not swing left and right.

Can you hear wind noise? Although it does not sound depending on how the darts are flying, it will fly with a humming sound.

The elasticity is quite excellent.
However, because the darts themselves are heavy (about 1.3 times), they fall significantly below the eye level. It ’s not a stall but a feeling of flying.

If it is a nerf with spring strengthening, it seems to fly straight.

4, X-shot darts

It is a bonus, but it is also compared with X Shot darts. Since it is almost compatible with nerf (somewhat short), you can share darts with each other. Basically you can play with mixing.

 

Oh yeah, I used a yellow x-shot dart this time. Specifications and jumping conditions may differ from the current X Shot darts.

Weight is 0.9g. Initial speed is 22-22.5m / s.

test shot

Ballistic growth is more than elite darts. Surprisingly flying or off-site home runs.

I do n’t know if it ’s because of darts or how it ’s loaded, but it ’s too peaky.

 

It ’s lightweight, so it ’s flying fast. Perhaps this lightweight x-ray dart will come alive in low-speed nerf.

Hammershot was too rampant to handle.

 

result

The color is a little difficult to understand, but here is a superposition of everything.

If accuracy = collection elasticity, heavy WORKER darts (red) are the best, and if accuracy = landing as intended, balanced accus darts (orange) are excellent. Become.

Elite darts (light blue) and X-shot darts (yellow) mean that the trajectory is upward, that is, it still flies.

 

Flying distance is distributed to elite darts and x-shot darts

This time it was a comparison aiming for a target 7 meters away, so the elite darts and the x shot darts were defeated, but the story will change again if this is a flying distance game. Accust darts and WORKER darts, which have high weight and air resistance, will be considerably disadvantageous in terms of flight distance.

Even in the 7m distance shooting in this comparison, it fell down so far, so it would be even harder for long distances … shooting over 10m.

Each has advantages and disadvantages including cost.

It would be nice to be able to use darts according to the situation you use.

How to get it?

This WORKER dart is not yet sold in Amazon, so you can buy it from overseas mail order sites.

外部リンクLightake

The price is $ 7-10 per 100 + international shipping.

It is still beginning to appear, but maybe it will be handled by Amazon including Japan like other darts for nerf? I think.

I think that it is necessary to check with the regulations and organizers to use it in interpersonal warfare, but if you play for shooting at home, it should be an alternative to Accus darts.

[评论] WORKER新型飞镖 – 增加重量,提高精度,提高耐用性,减少飞行距离 –

ナーフ アクセサリ

基于传统WORKER飞镖技术的重新设计的飞镖。
特别是,它成功地降低了空气阻力并改善了飞行距离和精度。

似乎有些网站使用“完整”飞镖的名称来做短飞镖。

WORKER软式飞镖(全飞镖)

(C)WORKER

基于传统WORKER飞镖技术的重新设计的飞镖。
特别是,它成功地降低了空气阻力并改善了飞行距离和精度。

似乎有些网站使用“完整”飞镖的名称来做短飞镖。

与精英飞镖的区别

海绵具有相同的长度和直径。 材料有点硬吗? 就是这样。 请放心,这不是一个问题。

 

弹头由柔韧的黑色橡胶制成,弹头和海绵之间有微小的间隙。

这适用于冲击缓冲或空气动力学性能。 射击时的疼痛与精英飞镖相同。

这不是噱头,但是当这个工人飞镖飞走时,休! 和风噪声。 这是一个不在产品描述中的项目,但它具有强大的力量,是一个很好的奖励。

我试着比较一下

这就是它的原因。

它似乎是“能够应付强大的nerf的飞镖”,但我的家里没有强化重塑nerf。 所以我比较了我家中最强大,最熟悉的锤击。

[评论] Zombie Strike Hammer Shot -Anti Zombie Magnum Revolver-

 

距离约7米。 我们通过拍摄影响视频来确定善意并记录大致位置。

nerf体不是固定的,也不是瞄准装置。

虽然很简单,但我的目标是黄色十字部分。

1,精英飞镖

这是一个标准的飞镖。 正是这种精英飞镖伴随着nerf。
因为它便宜又耐用,它是目前最好的飞镖。

重量为1.0g,锤击初始速度为20-21m / s。

视频示例

由于飞镖比预期更猛烈,它们往往飞向不同的方向。
一个大约站在那个距离的人的目标可以瞄准足够的目标,但是,例如,当你只有你的头时你可以剪断吗?

在视频中,我正在拍摄善意的右侧。
第一个有一个惊人的轨迹。 它远远高于目标。 第二枪向左翘曲。

轨迹几乎就是这样。 准确性非常大。 我得到的印象是我不知道飞到哪里。

2,阿克斯罢工飞镖

它是一种高精度或高稳定性的飞镖。 价格很高。
附加的nerf也只是Accu Strike系列。

Nerf对用户特别不满意,因为准确性太差了。 为解决这个问题而开发的是这款Accus飞镖。 似乎重复了风洞实验并设计了形状。

它不专用于Accu Strike并且与精英飞镖完全兼容,因此它可以与其他nerfs一起使用。

重量为1.0g  锤击的 初始速度约为20.5。

视频示例

你可以看到精英飞镖的飞行方式不同。 着陆点已经下降,但它正在飞行。

 

 

这就是图中的样子。 虽然它是一种在路上飞行的方式,但它具有将飞镖扔进目标位置的准确性。
当然,飞行条件因所使用的nerf而异,但如果距离大约7-9米,则可以说这几乎是不可避免的。

它有点贵,所以它非常适合拍摄而不是人际交锋。 只有真正的飞镖,盒装nerf的平衡可能是最好的。

3,WORKER飞镖

然后这个WORKER飞镖。
与Accu Strike一样,它具有弹道稳定效果,并且通过增加重量,它可以抑制初始模糊并成功吸收上下错误。

由于它是与nerf兼容的产品,因此可以使用与精英飞镖相容的任何nerf。

重量为1.28克。 初始速度为16.5-17m / s。

视频示例

它远远低于目标。 您只能通过上下瞄准来调整着陆点,因为它无法左右摆动。

你能听到风声吗? 虽然根据飞镖的飞行方式不会发出声音,但它会以嗡嗡声传播。

弹性非常好。
然而,因为飞镖本身很重(约1.3倍),所以它们明显低于眼睛水平。 这不是一个摊位,而是一种飞翔的感觉。

如果它是弹簧加强的nerf,它似乎是直线飞行。

 

 

4,X射击飞镖

这是一个奖励,但它也与X Shot Dart相比。 由于它几乎与nerf兼容(有点短),你可以互相分享飞镖。 基本上你可以玩混合。

哦是的,这次我用了一个黄色的X射击飞镖。 规格和跳跃条件可能与目前的X Shot飞镖不同。

重量为0.9克。 初始速度为22-22.5m / s。

视频示例

弹道增长不仅仅是精英飞镖。 令人惊讶的飞行或异地本垒打。

我不知道是不是因为飞镖或它是如何加载的,但它太高峰了。

 

它很轻巧,所以飞得很快。 也许这款轻巧的X射线飞镖可以在低速nerf中活跃起来。

Hammershot太猖獗了。

 

结果

颜色有点难以理解,但这里是一切的叠加。

如果准确度=集合弹性,重型WORKER飞镖(红色)是最好的,如果准确度=按预期着陆,平衡的飞镖(橙色)非常好。它变成了。

精英飞镖(浅蓝色)和X射击飞镖(黄色)意味着轨迹向上,即它仍然飞行。

飞行距离分配给精英飞镖和x-shot飞镖

这次是针对7米外目标的比较,因此精英飞镖和x射击飞镖被击败,但如果这是一个飞行距离游戏,故事将再次改变。 具有高重量和空气阻力的Accart飞镖和WORKER飞镖在飞行距离方面将是相当不利的。

即使在这次比较中的7米距离射击中,它到目前为止也没有下降,所以长距离射击甚至更难……射击超过10米。

 

每个都有优点和缺点,包括成本。

根据您使用的情况,能够使用飞镖会很不错。

怎么弄?

这款WORKER飞镖尚未在亚马逊销售,因此您可以从海外邮购网站购买。

外部リンクLightake

价格为每100 +国际航运7-10美元。

它仍然开始出现,但也许它将由亚马逊包括日本像其他用于nerf的飞镖一样处理? 我想。

我认为有必要检查规则和组织者在人际战中使用它,但如果你在家里进行射击,它应该是Accus飞镖的替代品。

【レビュー】WORKER新型ダーツ ~重量増、精度上昇、耐久性アップ、飛距離ダウン~

ナーフ アクセサリ

ナーフの改造パーツを数多く手がけていることで有名なWORKER社。
強化スプリングや外装パーツ、はてはオリジナルブラスターまで販売するなど取扱商品は非常に多岐に渡っています。

もちろんダーツについてもオリジナル品がありまして、特に短く切られたショートダーツを見たことがある方は多いはず。

WORKER ソフトフォームダーツ(フルダーツ)

(C)WORKER

従来のWORKERダーツの技術をベースに再設計を行ったダーツです。
特に空気抵抗を抑え、飛距離と精度をアップすることに成功しているとのこと。

ショートダーツに対して”フル”ダーツと商品名をつけているサイトもあるようです。

 

エリートダーツとの違い

スポンジ部分の長さも直径も同じ。素材がやや硬いかも?というくらい。カチカチではないのでご安心を。

 

弾頭は柔軟な黒いゴム製で微妙に弾頭とスポンジの間が空いています。

これは着弾時のクッションのため、もしくは空力性能のため。撃たれた時の痛みはエリートダーツなどと変わりませんでした。

あとギミックというわけではないんですが、このWORKERダーツって飛んでいくときにヒューッ!と風切り音がします。商品説明にはなかった項目なのですが、なかなかの迫力でで嬉しいオマケです。

撃ち比べてみた

というわけで早速実射。

「威力アップしたナーフにも対応できるダーツ」らしいのですが、我が家には強化改造ナーフがありません。ですので我が家の中で最もパワフル、かつ扱い慣れているハンマーショットで比較してみました。

【レビュー】ゾンビストライク ハンマーショット ~ゾンビ特攻マグナム・リボルバー~
【レビュー】ゾンビストライク ハンマーショットサイズ・重量全長32cm  重量330g発売年シリーズ2013ゾンビストライク初速m/s装填数×5発 入手先  対応弾エリートダーツ吸盤ダーツアキュストダーツ...

 

※以下のコンテンツでは動画を含みます(自動再生は行いません)。
非wifi環境では通信容量にご注意ください。

距離は約7m。のれんをターゲットにしまして、着弾の様子を動画に撮ることでおおよその位置を記録しました。

ナーフ本体は固定していませんし照準機器を使っているわけではないのであくまで目安になります。

簡易ではありますが黄色い十字部分を目視で狙っています。

 

1、エリートダーツ

いわゆる標準ダーツですね。ナーフに付属するのがこのエリートダーツになります。
価格も安く、耐久性もありますのでとりあえず遊ぶには最適なダーツです。

重量は1.0g、ハンマーショットでの初速は20~21m/s。

試射動画

予想以上にダーツが暴れますので狙いとは違う方向に飛ぶことが多いです。
その距離で立っている人間くらいの大きさの的であれば十分に狙えますが、例えば頭だけ出しているような場合を狙撃できるかというと…。

動画では、のれん右側を狙って撃っています。
1発目は驚くほどの弾道の伸び。狙いよりかなり上に飛んでいきました。2発目は左に反れました。

弾道はだいたいこんな感じ。精度というか非常にばらつきが大きいです。どこ飛ぶかわからないという印象を受けます。

 

2、アキュストライクダーツ

高精度というか高安定ダーツというものですね。価格が高いのがネック。
付属するナーフもアキュストライクシリーズだけ。

 

関連記事【海外ニュース】アキュストライクは顧客が長年望んだもの

特にナーフは精度が悪すぎることがユーザー側の大きな不満でした。それを解決すべく開発されたものがこのアキュストダーツになります。風洞実験を繰り返して形状をデザインしたそうです。

アキュストライク専用ではなく、エリートダーツと完全互換ですので他のナーフでも使用可能です。

重量は1.0g、ハンマーショットでの初速は20.5前後。

試射動画

エリートダーツと飛び方が違うのが分かります。着弾点は下に落ちていますが、まっすぐに飛んでいますよね。

 

図に表すとこんな感じです。途中で失速するような飛び方ですが、おおよそ狙った場所にダーツを放り込めるような精度を持っています。
もちろん使用するナーフによって飛び具合は変わりますが、7~9mくらい先の人間であればほぼ必中と言えるのではないでしょうか。

やや高額ですので対人戦というよりシューティング用として最適です。あと純正ダーツだけあって箱出しナーフでのバランスは恐らく最高。

 

3、WORKERダーツ

では今回のWORKERダーツ。
アキュストライクと同じように弾道安定効果、そして重量を増すことで初速のブレを抑え、上下の誤差も吸収することに成功しています。

ナーフ互換品ですのでエリートダーツに対応するナーフなら何でも使用可能。

重量は1.28g。初速は16.5~17m/s。

試射動画

狙いよりも結構下に落ちます。左右に振れないので上下の狙いだけで着弾点を調整できます。

あと風切り音が聞こえますでしょうか?ダーツの飛び具合によっては鳴らないのですが、ヒューッという音を鳴らしながら飛んでいきます。

集弾性は結構優秀。
ただダーツ自体が重い(約1.3倍)ので目測よりもかなり下に落ちます。失速ではなく飛びが悪いという感覚です。

スプリング強化を行ったナーフでしたらまっすぐに飛んでいきそうです。

 

4、エックスショットダーツ

おまけですがエックスショットダーツでも比較。ナーフとほぼ互換(やや短い)ですので互いにダーツは共用可能。基本的には混ぜこぜで遊べます。

そうそう、今回使用したのは黄色いエックスショットダーツです。現行のエックスショットダーツとは仕様や飛び具合が異なる可能性があります。

重量は0.9g。初速は22~22.5m/s。

試射動画

弾道の伸びはエリートダーツ以上。驚くほど真っすぐ飛んだり、場外ホームランが出たり。

ダーツのせいなのか装填具合なのかは分かりませんがピーキーすぎる性能です。

 

軽量なだけあってスーッと飛んでいきます。恐らく初速の低いナーフではこの軽量なエックスショットダーツは生きてくるのかもしれません。

ハンマーショットでは暴れすぎて扱いきれませんでした。

 

結果

ちょっと色が分かりにくいですが全部重ね合わせたものがこちら。

精度=集弾性とするのであれば重量のあるWORKERダーツ(赤)が最も優れており、また精度=狙い通りに着弾するというのであればバランスの取れたアキュストダーツ(オレンジ)が優秀ということになります。

エリートダーツ(水色)とエックスショットダーツ(黄)は弾道が上向き、つまりまだまだ飛ぶことを意味しています。

 

飛距離はエリートダーツとエックスショットダーツに軍配

今回は7m先のターゲット狙いという比較でしたのでエリートダーツとエックスショットダーツは惨敗でしたが、これが飛距離勝負となればまた話が変わってきます。重量や空気抵抗が大きいアキュストダーツ、WORKERダーツは飛距離についてはかなり不利になるでしょう。

今回の比較での7m距離の射撃でもここまで下に落ちてしまいましたから、もっと長距離…10m超での撃ち合いでは更に厳しいことになるはずです。

 

コストを含めてそれぞれ一長一短。

使用するシチュエーションに応じてダーツを使い分けるということも楽しみの一つとなればいいですね。

 

入手方法は?

このWORKERダーツはまだアマゾンなどでは販売されていませんので、海外の通販サイトからの購入になります。

外部リンクLightake

価格は100本当たり7~10ドル+国際送料くらい。

まだ出始めですが、恐らくは他のナーフ用ダーツのように日本含めたアマゾンで取り扱われるようになるのかな?と思います。

対人戦で使うにはレギュレーションや主催者への確認が必要だと思いますが、家でシューティング用として遊ぶのであればアキュストダーツと二択になるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました