JR東日本 EF63形 2次車

★保護中の記事について

一部にパスワードを求められる記事があり、こちらは上記のクラウドファンディングで支援していただいた方用に限定公開しているものになります(受付停止中)。

限定公開中の展開図一覧はこちら


 

JR東日本 EF63形 2次車のペーパークラフト

信越本線の碓氷峠専用として開発された補助機関車です。
最大66.7‰の急勾配路線を2両1組で運転していました。
およそ100トンの重量車体で23,400kgもの牽引力を誇ります。
定格速度は39km/hになります。

1966~1969年に製造されたグループです。2次車は屋根上機器の形状などが異なっています。

展開図はこちら

JR東日本 EF63形 2次車