秋田内陸縦貫鉄道 キハ22形

シェアする

秋田内陸縦貫鉄道 キハ22形のペーパークラフト

1941年に開通した北海道苫前郡の私鉄です。羽幌炭鉱からの石炭輸送を目的に建設されましたが1970年の閉山とともに廃止となりました。

キハ22形は国鉄の同型車と同じ構造の気動車で、1960~1966年に導入されました。旋回窓が特徴です。国鉄線への乗り入れのためATSも搭載していました。廃線後はひたちなか海浜鉄道へ譲渡されています。

展開図はこちら

秋田内陸縦貫鉄道 キハ22形