JR東日本 マヤ34形2002 軌道試験車

シェアする

JR東日本 マヤ34形2002 軌道試験車のペーパークラフト

国鉄が1959~1981年にかけて製造した軌道検測用の事業用車です。
10系客車をベースにしているものの測定のために構造強化することで「たわみ」を減らし、
更に3つの台車を搭載するなど、まさに検査専用車両として製造されています。
2002号車はJR東日本へ継承され、2004年まで運用されていました。



展開図はこちら

JR東日本 マヤ34形2002 軌道試験車