ペパクラ作例 JR西日本 500系 新幹線

シェアする

銀色の戦闘機みたいなデザインでカッコいい500系新幹線。英語で新幹線を「Bullet train(弾丸特急)」なんて呼ぶようですが、まさにイメージそのものかもしれませんね。

ペーパークラフトモデル化に当たっては丸い鉛筆のような独特の形状をどうしようかと悩んだ覚えがあります。そもそもペーパークラフトって曲面同士のつなぎ合わせが苦手でして、こういう部分があると組み立て難易度が非常に上がってしまうんですね。合わせ目が目立ってしまったりとか。というわけで組み立てやすさ優先ということであえて箱型にしてみたのが今公開中の展開図になります。

製作難易度:★★☆

難しそうに思えますが基本形状は四角錐(非常に細いピラミッド型)と考えると作り方のイメージが湧きやすいかもしれません。パーツ点数は1枚だけ。組み立てたあとに指で少し膨らませるように丸みをつけてあげると雰囲気が増しますので是非。先端部の折り曲げにはピンセットがアレば楽になります。

あと16両(8両)編成分のデータもありますのでこちらもチャレンジしてみてくださいね。

かなり古い写真ですが8両編成です。

90cmの角材の上に乗り切らないサイズになります。飾る場所の確保が大変ですね。

落としても壊れないというペパクラの特性を生かしてこういった飾り棚で壁掛けしちゃうのもありなのかも?

JR 500系 新幹線
JR西日本 500系 新幹線「のぞみ」のペーパークラフト最高速度300km/h以上での営業運転を前提として開発された新幹線で、とがった先頭形状が特徴です。JR西日本 500系 新幹線 「のぞみ」JR西日本 500系 新幹線「カンセンジャー」
>>サイト維持費のためアマゾンリンクでお買い物をして頂けると助かります<<