JR東日本 E490系「イーストアイE」

シェアする

JR東日本 E490系「イーストアイE」のペーパークラフト

E491系は2002年に登場したJR東日本の交直流両用の検測用電車です。
電化区間の軌道や架線等の検査測定のために運用されています。
JR東の路線だけでなく伊豆急など他事業者も走行することが可能です。

クモヤE491-1は信号、通信関係を検査する車両であり、搭載しているパンタグラフは測定用となります。モヤE490-1は架線測定用の車両です。パンタグラフは切り替えて使い分けることが出来ます。クヤE490系は軌道測定用の装置を備えています。



展開図はこちら

JR東日本 E491系 「イーストアイE」