1/72スケール JR西日本 500系新幹線「エヴァンゲリオン」 

シェアする

シンカリオンでも活躍していましたね

先日のシンカリオンで登場して非常に大きな注目を集めたエヴァンゲリオン新幹線。紫と蛍光グリーンの塗装が非常に目立っていました。というか実際にこの塗装の新幹線が走っていたというのが驚きです。

元ネタのエヴァンゲリオンはちょうど私が学生の頃でしょうか、大きなブームになりました。

でもその当時は厨二病というか「流行に乗らない俺」のため、最後まで頑なに視聴しなかった記憶があります。ちなみに最終回後、しばらくして放送されたの再放送でイッキ見して衝撃を受けるも、もうブームが沈静化していて熱く語りたいのに今更…という苦い後日談も。

1/72スケール JR西日本 500系 新幹線 「エヴァンゲリオン」

1/72サイズの大型モデルになります。全長33㎝くらい。ちょうど指先からひじぐらいまでありそうな長大なサイズが魅力です。

例のごとく手乗りで。ちょうど指先からひじぐらいまでありそうな長大なサイズが魅力です。台車は別パーツ化してありますので立体感もあります。

側面の曲線的な、そして禍々しいデザインが目立ちますよね。

驚くべきことにこのデザインの新幹線が実際に線路を走っていたんですよね。知らない人が見たらきっとビックリしたでしょう。

パーツはできるだけ少なくしていますので組み立ては比較的に簡単、短時間で作成可能です。運転席部分は実は平面です。

パーツはできるだけ少なくしていますので組み立ては比較的に簡単、短時間で作成可能です。500系新幹線といえば鉛筆のような円柱状の車体が特徴的なのですが、それを再現するとなると組み立てが非常に大変になります。ですので組み立てやすい四角形をベースにしつつ、多少の丸みを持たせるよう設計しています。ここはペパクラ作者としての親切心です

3種類の並びです。どれも個性的なカラーリングですので並べるととても面白いのではないでしょうか。

おすすめはこちら。プラスのマット紙は厚さ薄めですがその分組み立てやすいです。

コクヨの方は分厚いのでしっかりします。子供さんに渡すならこちらの方が頑丈かも。

用紙選定については難しいのですが、車体サイズが大きい関係で0.12mm用紙に裏面補強するのがいいかもしれませんね。私は細長く切った段ボール紙(ボール紙)を車体内部に貼り付けています。

なお、一般的なコピー用紙だとヨレてしまいますのでお勧めはしません。



 1両あたり試作含めて印刷費が結構かかっております。アマゾンリンクを辿って何か(ここで紹介している商品以外でも)買っていただくと1~3%くらいが広告収益として発生いたします。よろしくお願いいたします。

ダウンロードはこちらから

先行公開しているものになります。

ダウンロードはこちらから。
(パスワードが必要です)



シェアする