東京都交通局 8800形 都電荒川線

シェアする

東京都交通局 8800形 都電荒川線のペーパークラフト

2008年に東京都交通局に導入された路面電車です。
コンセプトは「荒川線の未来を開く、先進性と快適性」ということで、
従来の車輌イメージを持ちつつも曲面的で先進的なデザインが採用されています。。
塗装色についてもカラフルなものとなり、ローズレッド・バイオレット・オレンジ・イエローの4色がそれぞれ使われています。

車内環境についても進歩しており、液晶モニターによる案内表示が行われています。
2019年の時点で10両が運転されています。

東京都交通局 8800形8808 都電荒川線

東京都交通局 8800形8801 都電荒川線



東京都交通局 8800形8806 都電荒川線

8810号車は1両のみであるため、見つけた人は幸せになるという都市伝説が生まれています。

東京都交通局 8800形8810 都電荒川線