青い森鉄道 703系

シェアする

>>サイト維持費のためアマゾンリンクでお買い物をして頂けると助かります<<

青い森鉄道とは

2002年、2010年の東北新幹線の開業・延伸に伴い並行在来線として開業した第三セクターの鉄道事業者です。
東北本線盛岡~青森間のうち、青森県内の部分が青い森鉄道として分離、運営されています。

青い森鉄道 703系とは

2007年にJR東日本が仙台地区の在来専用、仙台空港アクセス線での運用を目的に開発した電車です。
都市部の通勤通学用車両として設計されており、低床・ステップレス化を実現して乗降時間の短縮を実現しています。

後に青い森鉄道にも導入され703形となりました。

青い森鉄道 703系のペーパークラフト

青い森鉄道 703系