千葉ニュータウン鉄道 9100系 「C-Flyer」

シェアする

>>サイト維持費のためアマゾンリンクでお買い物をして頂けると助かります<<

千葉ニュータウン鉄道

千葉県の小室~印旛日本医大駅の路線を運営している鉄道事業者です。京成電鉄の100%子会社となっています。
開業時には線路や車両は住宅・都市整備公団が保有していましたが、2004年に現在の千葉ニュータウン鉄道株式会社へ譲渡されました。

千葉ニュータウン鉄道 9100系「C-Flyer」とは

1994年に登場した千葉ニュータウン鉄道の通勤型電車です。
イメージアップ戦略のために先進的なデザインを取り入れた他、
省エネや乗り心地といった乗客サービスも向上させた車両です。
愛称は「C-Flyer(シーフライヤー)」。

外見上では1次車は側面が艶消し仕上げとなっています。

千葉ニュータウン鉄道 9100系「C-Flyer」のペーパークラフト

千葉ニュータウン鉄道 9100系1次車「C-Flyer」

千葉ニュータウン鉄道 9100系2次車「C-Flyer」