同和鉱業片上鉄道 キハ702形

同和鉱業片上鉄道

岡山県備前市で鉄道路線を運営していた事業者です。

柵原鉱山の鉱石を輸送するために1923年に開業しましたが、トラック輸送への切り替えにより貨物取扱量が減少、1991年に廃止となりました。

同和鉱業片上鉄道 キハ702形とは

昭和初期に鉄道省が製造したガソリン動力車です。乗客増に対応するために全長19mの大型気動車として設計されました。
一部は後にディーゼルエンジンに換装され1970年ごろまで運用されていました。



同和鉱業片上鉄道 キハ702形のペーパークラフト

同和鉱業片上鉄道 キハ702形 パスワード20190920

2012年、町おこしプロジェクトの一環として保存会により幸せの黄色いキハ702となりました。

同和鉱業片上鉄道 キハ702形「黄色のキハ702」 パスワード:20190920-1

『同和鉱業片上鉄道 キハ702形』へのコメント

  1. 名前:ミント 投稿日:2020/08/12(水) 13:57:01 ID:af563b67c 返信

    初めてコメントします。
    質問なのですが、キハ702の運転席の面の下部が、片方だけ切れたようになっているのはデザインなのでしょうか?