北近畿タンゴ鉄道  KTR001形「タンゴエクスプローラー」

シェアする

京都タンゴ鉄道(北近畿タンゴ鉄道)

京都府、兵庫県で2路線を保有する第三セクターの鉄道会社です。
2015年より事業再編のため運行権をWILLER ALLIANCEに移譲し、京都丹後鉄道が運営を行っています。

北近畿タンゴ鉄道 KTR001形「タンゴエクスプローラー」とは

開業時に導入された特急型車両です。最高速度は120km/hとなっています。外装色がゴールドのものが第1編成。薄いシャンパンゴールドのものが第2編成です。
2015年(平成27年)4月からはWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)が運用しています。

鉄道ニュース

富士重工業がつくった特急形気動車、北近畿タンゴ鉄道KTR001形が、1日だけ特急タンゴエクスプローラーで走る。 運行日は、9月15日。西舞鶴駅から豊岡駅までの1往復を特急列車として

北近畿タンゴ鉄道 KTR001形「タンゴエクスプローラー」のペーパークラフト

北近畿タンゴ鉄道 KTR001形「タンゴエクスプローラー」第1編成

北近畿タンゴ鉄道 KTR001形「タンゴエクスプローラー」第2編成

>>サイト維持費のためアマゾンリンクでお買い物をして頂けると助かります<<