JR東日本・国鉄 コヤ90形 車両輸送限界測定用試験車

国鉄とは

1949年~1987年にかけて日本国有鉄道を運営していた鉄道公社です。
政府が100%出資しており、国有事業として日本全国の鉄道、船舶、バス事業などを行っていました。
JR移行化前の路線総距離は19,639キロメートルに及びます。

負債の巨大化などにより世論による民営化が叫ばれ、1987年にJRへ分社化・民営化することとなりました。

国鉄 コヤ90形 車両輸送限界測定用試験車

東海道新幹線開業にあたり、新幹線車両輸送時の車両限界を測定するための事業用車です。
オハ31系客車を元に改造されました。
ブレーキなどは無し。JRに継承されましたが1990年頃に廃車となりました。

★オススメ用紙はこちら

国鉄 コヤ90形 車両輸送限界測定用試験車のペーパークラフト

国鉄 コヤ90形 車両輸送限界測定用試験車

>>サイト維持費のためアマゾンリンクでお買い物をして頂けると助かります<<



★リクエストはすべてお断りしております★