国鉄 パ100形 家禽車

国鉄とは

1949年~1987年にかけて日本国有鉄道を運営していた鉄道公社です。
政府が100%出資しており、国有事業として日本全国の鉄道、船舶、バス事業などを行っていました。
JR移行化前の路線総距離は19,639キロメートルに及びます。

負債の巨大化などにより世論による民営化が叫ばれ、1987年にJRへ分社化・民営化することとなりました。

国鉄 パ100形 家禽車

国鉄が製造した家禽輸送用貨車です。内部にはニワトリを入れたカゴを置ける棚が設置されていました。また通通しを浴するために扉は金網が張られるなど様々な工夫がされていました。
パ100形をもって家禽車は形式消滅となりました。

参考リンク

家禽車 - Wikipedia



国鉄 パ100形 家禽車のペーパークラフト

国鉄 パ100形 家禽車password:202001151