JRの電車一覧

JR西日本・国鉄 84系

クモニ83を旅客用に改造した車両です。国鉄時代は阪和線などで、JR移行後は宇野線などで運用されていました。

国鉄 101系

国鉄 101系とは 1957年に製造された国鉄の通勤形電車です。国鉄車両の近代化のさきがけとなりました。 車体設計は後の

国鉄 72系

国鉄 72系 国鉄の63系電車の改良型として1952~1958年に新製された直流型電車です。 国鉄 72系 国鉄

JR東日本 E235系0番台 山手線

E231/E233系を元にして開発された車両です。サービス面やコスト面で多くの新技術・改良点が取り入れられています。

国鉄 717系

国鉄が1986年に導入した近郊形電車です。 老朽化した451系や453系などの急行電車の部品を再利用し、新造した車体に組み込んだもので、コスト削減と顧客サービスの向上を実現しています。 717系は仙台、九州地区に投入されていた交流専用車になります。

JR 205系0番台

1985年に国鉄が製造した通勤形電車です。大量生産されていた201系よりさらにコスト削減が必要であったこと、 そして輸送力増強のためとして新しく開発されたのがこの205系になります。 車体は20m級の4扉車、そして界磁添加励磁制御方式が採用されています。

国鉄 205系

1985年に国鉄が製造した通勤形電車です。大量生産されていた201系よりさらにコスト削減が必要であったこと、そして輸送力増強のためとして新しく開発されたのがこの205系になります。 車体は20m級の4扉車、そして界磁添加励磁制御方式が採用されています。

JR東日本 205系600番台

1985年に国鉄が製造した通勤形電車です。大量生産されていた201系よりさらにコスト削減が必要であったこと、 そして輸送力増強のためとして新しく開発されたのがこの205系になります。 車体は20m級の4扉車、そして界磁添加励磁制御方式が採用されています。 2013年に導入された宇都宮線用の通勤型電車です。

JR 205系500番台

相模線の全線電化にともなって製造された車両です。地下区間があるために前面デザインが独自のものになっています。

JR 111系

ラッシュ時の乗降時間短縮のため、1962~1963年にかけて製造されたデッキ無、3扉の近郊型電車です。 前年に投入された401系とほぼ同一設計となっています。 電動機出力は100kw。