【ニュース】はとバス、ワクチン接種会場へ 臨時バス便として活躍中

はとバス、ワクチン接種会場への臨時バス便として活躍中

観光バス大手の「はとバス」が、ワクチン接種者の輸送を行う臨時バスの運行を開始したとのニュースが有りました。

全ツアー休止の「はとバス」、東京会場への足に…接種終了日まで無料で

東京都は、24日の自衛隊による大規模接種スタートに合わせ、JR東京駅と会場の大手町合同庁舎3号館との間で無料の臨時バス運行を開始。初日は延べ1500人の利用があった。(読売新聞 21/05/24)

読売新聞|地域ニュースより
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210524-OYT1T50190/

 

ニュースの概要

「はとバス」が、東京大規模接種センターへのワクチン接種者の輸送を行う臨時バス運行を開始しました。
JR東京駅(南口)との間で5分間隔でのシャトル輸送を行うとのこと。

地図:国土地理院

ルートについては不明(自動車ナビを元にKDWKが線を引きましたので実際と異なる可能性があります。)

都としても莫大な人数のワクチン接種者を輸送しなくてはならないこと、
バス会社としても観光事業が停止しているなかで受託できること、
そして接種者にとっては迷わず楽に移動できるとなればwin-winな事業ではないでしょうか。

利用者からは好評な模様

報道からの拾い読みですが、おおむね好評なようです。

「(直接会場に向かうより)バスの方が楽。」
(朝日新聞 2021年5月24日)
「やっぱり迷うのが嫌。バスが一番確実」
スポーツ報知 2021年5月24日
と利用者からは好評な模様

ただ一方で都の案内や周知が不足していると言う指摘もあったようですが、
初日で1500人が利用したようです。
読売新聞 5月24日

多くの人を誘導し、迅速かつ的確に目的地に移動させるのは、まさにバスツアー会社の十八番
適任なんではないでしょうか。

東京都のようにバス会社と提携したワクチン接種会場への輸送について、は他府県の接種センターでも導入されつつあります。

ちなみに使用されているのは日野セレガ(ハイブリッド)

そんなはとバスの活躍をこの手の上で、というわけではないのですがペーパークラフトを作成しています。
(実際に運行されているのはハイブリッド形バスの模様)

黄色いバスと言えば関西人の私でも「はとバス」というくらい。

 

はとバスに限らずですが、このようなコロナ世代における交通事業者の工夫や努力を、多くの人に広まって欲しいなーと思います。

コメント

Please disable your adblocker or whitelist this site!

当サイトは広告により維持されています。広告ブロックソフトを解除してご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました