国鉄 コキ50000形250000番台

jrの貨車|コンテナ貨車

国鉄は1949年~1987年にかけて日本国有鉄道を運営していた鉄道公社です。政府が100%出資しており、国有事業として日本全国の鉄道、船舶、バス事業などを行っていました。JR移行化前の路線総距離は19639キロメートルに及びます。負債の巨大化などにより世論による民営化が叫ばれ、1987年にJRへ分社化・民営化することとなりました。

国鉄 コキ50000形250000番台とは

大きさ |車体長 20.3m 全幅 m 全高 m
最高速度|km/h
主な路線|
運用期間|1971-

1971年に国鉄が製造したフレートライナー輸送用のコンテナ貨車です。20ftコンテナを3個搭載できるように全長を19.6mに延長し、さらにコンテナ固定用装置などを追加した形式になります。250000番台はコンテナ列車の総輸送量を1200tに増加するべくブレーキ強化を行った車両です。

作例

お願い

更新継続とサイト維持費のため、アマゾンリンク先でお買い物(またはアマゾンビデオなどに加入)をお願いします。
アマゾンでお買い物をする
※お買い物金額の約1%が広告費としていただけます。

チャンネル登録お願いいたします!
※1000人&再生4000時間に遠く及んでいません…。



組み立て動画(youtube)

※よければチャンネル登録お願いいたします!

コメント

パスワードは48963
タイトルとURLをコピーしました