JR西にDEC741系 総合検測車が登場!

 

総合検測車導入による検査の車上化

画像:JR西日本 プレスリリース
https://www.westjr.co.jp/press/article/items/211027_03_dec.pdf

JR 西日本は、2020 年10月にグループデジタル戦略を策定し、一つの軸として「鉄道システムの再構築」に取り組んでいます。
その大きな柱である CBM※への挑戦において、当社ならびに他会社エリアの在来線架線検測を実施している電気検測用交直流電車(クモヤ 443 系)の置換え用車両として、総合検測車(DEC741)を導入します。

JR西日本 プレスリリース
https://www.westjr.co.jp/press/article/items/211027_03_dec.pdf


電気式気動車のメリットを最大限に

先日にもニュースになった電気式気動車のDEC700をベースにした総合検測車が登場だそうです。

DEC700はエンジンで発電し、それで得た電力で走行します。回りくどいように思えますが、エンジンというどこでも発電できるものと、モーターという制御しやすい動力機を組み合わせたもので世界的には結構、標準的な方法だったりします。もっとも、採用されるのは機関車が多いですけれども。

このDEC741系は電車と気動車の両方のいい部分、つまり架線がなくても走れるとか、エンジンを止めなければならない部分でもバッテリー走行可能だとか、運用路線が限定されないということで特にこういった検査車両ではメリットが非常に大きいと言えるでしょうか。

 

クモヤ443の置き換え

そうそう、このDEC741系の登場で今まで活躍してきたクモヤ443は引退となるようですね。
丸い先頭形状から人気のあった事業用車ですけれども、流石に車齢が46年ということでこれ以上は厳しい様子。
長年に渡って線路の安全を支えてきた車両だけに名残惜しい気もしますけれども。

 

ペーパークラフト

JR西日本 DEC741系 総合検測車
jrの気動車|DEC741形JRとは1987年、日本国有鉄道(国鉄)の路線を受け継いだ鉄道事業者です...
国鉄 クモヤ443形 電気検測車
jrの事業用車|クモヤ443形JRとは1987年、日本国有鉄道(国鉄)の路線を受け継いだ鉄道事業者で...

 

Please disable your adblocker or whitelist this site!

当サイトは広告により維持されています。広告ブロックソフトを解除してご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました