E3系新幹線「とれいゆ つばさ」が2022年に運行終了

 

「とれいゆ つばさ」運行終了のお知らせ

車内で足湯を楽しめる新幹線として皆さまに親しまれている「とれいゆ つばさ」は、2022 年 3 月を
もって運行を終了いたします。
ご利用いただいたお客さまや応援してくださった山形新幹線の沿線地域の皆さまへ感謝を申し上げます。
これまでのご愛顧に感謝の意を込めて、運行終了までの間、様々な企画・イベントを実施してまいりますので、この機会にぜひご乗車ください。

2022 年( 令和 4 年) 3 月 運行終了

JR東日本 プレスリリースより
https://www.jreast.co.jp/press/2021/sendai/20211019_s01.pdf


恐らく世界でも唯一であろう、足湯が常設された新幹線の「とれいゆつばさ」。
爽やかなカラーリングとデザインから人気の新幹線でした。

使用されていたR18編成が2002年登場ということで車齢としては20年とまだ若く、引退には早すぎる気もします。
ですので「とれいゆつばさ」としての運行は終了ですが、もしかすると新しい列車として再改造されるのかもしれませんね。
というかそちらを期待しています。

ペーパークラフトリンク

JR東日本 E3系700番台 新幹線「とれいゆ つばさ」
在来線を走行できるというミニ新幹線。その特徴を生かして改造されたのがこのE3系「とれいゆ」です。車内には足湯設備があり、まさに温泉観光列車というコンセプトそのものの電車です。

 

Please disable your adblocker or whitelist this site!

当サイトは広告により維持されています。広告ブロックソフトを解除してご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました