東武鉄道 N100系 新型特急が2023年に登場!

 

2023年に特急スペーシアの新型車両を導入します

写真:東武鉄道

東武鉄道(本社:東京都墨田区)では、2023年に特急スペーシアの後継モデルとなる新型車両を
導入します。
当社では、沿線最大の観光地である日光・鬼怒川エリアへの輸送として長年にわたり特急列車を運行しており、現在は100系スペーシアがその中心的役割を担っています。
今般、スペーシアが築いてきた伝統や認知度・イメージを維持・継承しながら、より上質なフラッグシップ特急を導入し、同エリアの観光需要喚起を図ります。
また、運行の使用電力を全て再生可能エネルギー由来の電力に実質的に置き換えることでカーボンニュートラルな運行を実施し、「国際エコリゾート日光」の実現に寄与します。

公式|お知らせ
https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/20211111115910j-Hxsy54wjgySVaKcD-UrQ.pdf


前々から登場の噂の合った東武のスペーシア後継車。
車齢を考えても現行の100系スペーシアもそう遠くない未来には交代の時期となるはず。
かといって復刻色になったりとまだまだ現役として大忙しですが……

と、思ってたところでこの新型の特急電車の発表ですので大いに驚きました。


こちらは勢いで作ったペーパークラフト。制作時間は約30分。

詳細やスペックなどは公式を見ていただくとして、イメージ画像からはスペーシアらしさを残しているのが良く分かります。顎?のデザインとか。
そしてさらに六角形の窓を取り入れた先進的なデザイン。こちらも買ってない想像ですが和テイストっぽさも感じますし、これはもう格好良すぎますよね。

最終的に色合いや塗装、ロゴ、車両名がどうなるのかはまだ公表されてはいませんが、このイメージ画像に近い実車が登場するのであれば、それはもう楽しみすぎます。

ただ登場が結構先の2023年……
とはいえ試運転やメディア向けお披露目などもあるでしょうから、実車の姿が見えるのは案外と早いかもしれませんね。




ペーパークラフト

東武の新型特急をペパクラで立体化!
東武鉄道 N100系 新型特急電車
関東の私鉄|東武鉄道東京都・埼玉県・千葉県・栃木県・群馬県の1都4県に463.3kmの鉄道路線をもつ...

Please disable your adblocker or whitelist this site!

当サイトは広告により維持されています。広告ブロックソフトを解除してご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました