【レビュー】Nストライク スペクトラ~幽霊のように忍びつつ…自由自在のリボルバー~

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

2010年に販売されたNストライクシリーズのリボルバー式ブラスターです。日本ではボーンリボルヴという商品名で販売されていました。

dsc02104

折りたたみ式のストックと延長バレル(サプレッサー?)が付属しており、全て装着すると結構な長さになります。全て細身なので邪魔になるような大きさではなく、扱いやすいサイズです。展開するとリボルバーライフルのように見えるかも。

細身のリボルバー

dsc02105

リボルバーと言えばマーベリックが代表格なのですが、こちらはより細身でコンパクトなタイプとなっています。装填数は5発と少ないものの、そのスリムな外見から根強い人気を誇っています。

dsc02106

残念ながらストックの強度は期待できず、素材も柔らかいので構えるとグニャグニャします。折りたたんだ状態ではコッキングの邪魔にもなりますので取り外した方がいいレベル…

サプレッサーは形だけの飾りです。そもそもナーフには不要なパーツですしね。見た目が大きく変わって良いのですが、ダーツによっては詰まりますので要注意です。特に旧吸盤ダーツのような頭の大きなダーツを使った場合には顕著に詰まります。

本体はコンパクトで優秀

見た目重視のナーフに思いきや、本体はかなり完成されたデザインでこれだけでも十分に価値があると個人的には思っています。

dsc02109

マーベリックよりも細身ということはホルスターやポケットに入れやすく、邪魔になりにくいということです。

dsc02112

コッキングや装填方法はマーベリックやストロングアームと同じ。

dsc02111

マーベリックよりも大きくシリンダーがせり出しますのでリロードもしやすいです。

組み合わせの中心にも

古いNストライク時代のナーフは黄色で統一されており、今に比べて組み合わせしやすいという利点があります。

dsc02114

例えばリーコンのパーツとの組み合わせでここまで雰囲気が変わります。リーコンは中古でもかなりの数が出ており、価格もこなれていますのでカスタマイズ用としてはオススメのナーフです。

対応ダーツ・アクセサリ

スポンサードリンク



シェアする