【レビュー】メガ サンダーボウ ~まさに赤い稲妻!?高威力を生み出す巨体~

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

2014年に登場したメガダーツを連射できる弓型ブラスターです。当時、まだまだラインナップの乏しかったメガシリーズの中でのいきなりの登場にナーフファンの間では大きな話題となりました。こちらはメガシリーズ標準色である赤色を基調としたデザインで、かなり目立つ存在です。

dsc02166

メガサンダーボウはその名の通り、メガダーツと呼ばれる通常ダーツより一回り大きな弾を打ち出せる弓型ブラスターです。ダーツのサイズは比べてみると一目瞭然で、メガダーツの方は一回りも二回りも大きくなっています。

SONY DSC

ただ大きい割にはすごく柔らかいので、直接当たったとしてもほとんど痛くはありません。

派手な色は膨張色?サイズも質量も「メガ」級!

メガダーツ使用ということでブラスター本体も大きくなっています。しかも多銃身ですから…コンパクトにはまずなりません。

dsc02167

ナーフ愛好家の中では「マンボウ」の愛称があるようにデップリした本体に大きく張り出す腕が非常に目立つナーフです。全長も重さもかなりのもの。

ノーマルダーツを撃ち出すハートブレイカーボウとの比較。

カラーバリエーションとして弓の腕部分がダークグレーのモノもあるそうです。

ノーマルな弓との比較では大きさは一目瞭然

dsc02175

ハートブレイカーボウとの比較。サイズで二回り、重量で3倍くらい違います。引きしろも大きいので子供が扱うにはなかなか厳しいサイズですね。大人が持てばちょうどいいくらい。内部部品もしっかり詰まっていますので持った感じは「重たい!デカい!」です。対象年齢くらいの子供でも大きさに負けることがあり、構えづらいかもしれません。

dsc02174

ハートブレイカーボウも決してコンパクトなナーフではないのですが、重ねて見るとここまで大きさが違います。おかげで収納場所の確保は大変。

弓と言ってもメガサンダーボウは矢をつがえる必要はなく、操作は極めて単純なので小さい子供でも撃つことができたりします。重量さえクリアできれば…ですが。

独特の撃ち方

弦(つる、ヒモ)を後ろに引っ張るとブラスターがしなります。この時の力をピストンの動きに変えることで、ダーツを打ち出しています。

dsc02171

dsc02172

仕組み上、ブラスターがしなればいいわけですので、例えばヒモから手を離さずゆっくりと前後に動かすだけでも発射可能です。

dsc02173

また弓矢のオモチャにありがちな「矢がヒモに引っかけるのが難しい」ということがありませんし、手を離さないで済むので「ヒモが顔にあたって痛い」ということもありません。持つ場所を示す目印もあるので撃ちやすさでいえばハートブレイカーボウ以上です。

脅威の5連射

装填は簡単。メガダーツを5本差し込むだけ。もちろん1本だけでもOK。

dsc02168

この仕組が秀逸で、上から順番に発射されるんですね。途中で抜けがあっても大丈夫ですし、1本だけの状態でもちゃんと撃てます。途中で再装填しても、あるいはダーツを抜いてもきちんと撃つことが出来ます。

飛距離も威力もメガ級

メガ級なのは大きさだけではありません。ダーツの重量のためか飛距離は長め。エリートシリーズよりもまっすぐ遠くまで飛ぶ印象です。また昔のホイッスルダーツのようにヒューンと音を出して飛んで行くので迫力は満点です。

dsc02170

紙コップを当てた時の吹っ飛び方もノーマルダーツとは全く異なります。高威力なら危ないのではないか…と思いきや、かなり柔らかいダーツなので痛くありません。

店頭で大きさを見て購入を

ソニックアイスブルーのサンダーボウは組み立てられた状態で、かつグリップを持てるような箱に入れられています。ですので可能であれば店頭で実際に持って大きさと重さを確認してから購入したほうが良いです。通常版は中身が見えない状態ですが、箱の巨大さからも大きさを実感できると思われます。

対応ダーツ・アクセサリ

スポンサードリンク



シェアする