【レビュー】Nストライク ギアアップ・リーコン ~飛距離アップも…”エリート”に消された不遇ブラスター~

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

メインストリームであるナーフのNストライクシリーズ。その中で飛距離の大きいものはNストライクエリート、そうでないものは無印Nストライクと分かりやすく分けられているのはご存知の人は多いハズ。でも実はそれとは別に「ギアアップ」と呼ばれる高威力シリーズも短期間ながら存在していた事は案外と知られていません。

2011年、オートバリケード、マーベリック、レイダー、そしてこのリーコンの4種類がギアアップシリーズとして登場しました。

基本的な構造やパーツ類はノーマルのリーコンと全く同じですが、ギアアップシリーズ共通のデザインである「オレンジ色に警告帯のような黒いストライプ模様」があり、とても目を引きます。内部構造としてはメインスプリングが強化されているので飛距離がアップしています(オレンジトリガー相当)

黄色リーコンとの比較。黒とオレンジのツートンカラーであり、引き締まって見えます。カラーリングやデザイン的には凄く危なそうな雰囲気をひしひしと感じます。

延長バレルパーツ。黒い部分は塗装です。飛距離がアップしたからと言ってサイトも調整されているようなことはなく、ノーマルそのまま。

ストックパーツはシャフト部分が黒になったことでシャープな印象になりました。カーボンシャフトのような感じ。

もちろん材質は変わっていないので剛性感のなさは相変わらずです。

飛距離分だけLEDの光量アップ…というわけにはいかなかったようです。色違いなだけで同じ。

NストライクエリートNCVに最適?

オレンジ色のパーツということで、同じオレンジ色の本体であるデモリッシャーやストライフのカスタマイズ用に使えます。

デモリッシャーへの取り付け例。違和感なく取付可能です。特にオレンジ色のカスタマイズパーツがほとんどない現状、ギアアップシリーズは貴重な存在でもあります。

実は若干、オレンジの色調が若干違っています。遠目で見ればほぼ気にならないレベルです。

レアだけど安い?不遇のナーフ

翌年にはお馴染みのNストライクエリートが登場してしまったために「従来より飛距離アップ」という特徴がほぼ消えてしまった不遇のシリーズです。

広告展開の薄さや、そもそも過去商品のカラーバリエーションではないかというユーザーの目もあってセールス的にもあまり奮わなかったようです。結局、最初の4品だけでシリーズ終了となってしまいました。

日本ではネットオークション等に時々出てきています。価格的にもそこまで高騰しておりませんのでレアナーフの中では比較的に入手しやすい部類であるともいえます。

Nストライク ギアアップ リーコン

 

 

スポンサードリンク



シェアする