【レビュー】Nストライク エレメント ~ダーツホルダにはご注意を…オーソドックスな黄色いナーフ~

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

2008年に登場したNストライクシリーズの単発ブラスターがこのエレメントです。単体のほか、ディスクショットセット付属のぶらスタートしても販売されていました。

ごくごく普通の式ナーフでして、リング状のコッキングレバーを引いて引き金を引くと発射…という機能しかありません。

横から見るとレーザーポインターが付いてそうに見えるんですが…

実際に銃身下部にあるのは5本のダーツホルダーだけ。ただこのダーツホルダーには大きな弱点がありまして…

先端の小さなエリートダーツを使うと中に入り込んで取れなくなってしまうんです(写真の真ん中の穴)。内部に絶妙な段差があることからダーツの取り出しは一筋縄には行かず、特にここまで奥に入り込んでしまうとダーツ破損覚悟でピンセットやマイナスドライバーで無理矢理に引っ張り出すか、ナーフ自体を分解しなければなりません。

旧ダーツのような弾頭が一回り大きなダーツは問題なく使用可能です。

黄色ナーフ世代のレバーコッキング式ブラスター兄弟。右からスイッチショット、エレメント、ナイトファインダー。各ナーフともギミックやデザイン、性能がそれぞれ異なっています。

レールは1本だけ。過去にはアクションキットとしてスコープやLEDライト付属のパッケージでも販売されていました。

なんてことはない普通のナーフではありますが、その分だけ軽量で扱いやすく普段から常用できる優秀なブラスターだといえます。もちろん性能的には今のエリートシリーズには及ばないものの素直な弾道ですので個体のクセさえ掴めば狙い通りに撃てるようになると思います。

ただやはり一番の弱点はこのダーツホルダー。誤って入れてしまうととんでもなく面倒なことになりますので出来るだけ注意してくださいね。

対応ダーツ・アクセサリ

※使用できるのはドットサイトとスコープのみとなります

スポンサードリンク



シェアする