【レビュー】Nストライク ジョルト ~小っさいけれど高威力の憎いヤツ~

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

2011年に販売されたナーフの中でも最もコンパクトなブラスターの一つです。手のひらにすっぽりと収まるくらいのサイズ、十分な飛距離と精度があり、また価格も安いことから大人気のブラスターとなっています。

大きさだけなら圧縮ポンプ式のAS-1シークレットストライクがありますが、ジョルトは通常のコッキングで発射できるという点で大きなアドバンテージが有ります。

コンパクトさの裏には工夫の塊

構造的には工夫が満載で、よくぞここまで少ない部品点数でこの性能を発揮できたなーと感心しきりです。スプリングやシリンダー等の小型化が出来ないパーツは全てグリップ部分に押しこめており、銃身部はほぼバレルのみとなっています。

反面は例のごとく塗装省略。近年のナーフはこういう部分でのコストカットが目立ちます。安く販売してくれるのはうれしい反面、少し寂しかったり…

ノーマルシリーズなのに…

ジョルトは飛距離の長いエリートシリーズではなくノーマルシリーズのアイテムです。にもかかわらず威力はなかなかのもの。飛距離は15mほど飛びそうですし、ターゲット相手なら7mくらいまでは狙えます。発射時に力強い空気音がしますので、それだけ強くダーツを撃ちだせるんでしょうね。

操作は非常に簡単でダーツを入れてコッキングレバーを引くだけ。小さい分だけ固いのでお子さんには扱いがやや難しいかもしれません。集弾性はなかなかなのですが、照準がないので狙いがつけにくいです。

コンパクトさを生かして

何しろ最大の特徴であるコンパクトさを生かしてサイドアームや隠し玉としての使用、アタッチメントを自作して他ブラスターへの接続など様々な遊び方ができるブラスターです。軽いのでベルトに挟んだりポケット等にも入れておけます。

ただ現在はトライアドというやや大きいものの連射可能なライバルが存在しますので、どちらを選ぶかはプレイヤー次第ですね。

個人的にはジョルトは邪魔にならないコンパクトさを活かして手元に置いといて、手が空いた時にペチペチと的を撃つような「ゆったり遊ぶ」方が向いているような気がします。

またカラーバリエーションが豊富なのも特徴で、クリアカラーで赤青黄緑が揃っているのもジョルトだけです。集めてみるのも面白いかもしれませんね。

スポンサードリンク



シェアする