【レビュー】Nストライク タイタンAS-V1 ブルー ~威力もネタ度もレア度も最強のブラスター~

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

【レビュー】Nストライク タイタンAS-V1 ブルー

サイズ・重量全長76cm  重量–kg

発売年

シリーズ

2004

Nストライク

初速7m/s(不調)装填数1
 入手先 — 対応弾タイタンミサイル(別売無し)

★この記事は2019年にリライトしています

Nストライク タイタンAS-V1って?

かれこれ15年前。2004年に販売されたユニティ・パワーシステムを構成するブラスターの一つです。


その中でも中心的なナーフになるのがこのタイタンになります。

当初は赤色だけだったんですが、後に青も販売されました。ハルク版も含めてタイタンASV1は3色あるということになります。
販売数、流通量としては赤よりも少ないことからあまり見かけないナーフだったりします。

付属するのは恐ろしいの破壊力をもつタイタンミサイル…

ミサイル自体が結構重たいのと、やたらと威力があるので至近距離から撃つとケガをしかねません。場合によっては窓ガラスや家具を破損する事故も起きているとか…そのために撃ち合いゲームでは基本、禁止されています。

また通常のダーツを撃てるようにする改造も盛んに行われていますが、こちらは最大で30m超の飛距離をたたき出せるそうです。もちろん危険なのでゲームへの使用は厳禁です。

外見はミサイルランチャー

そのタイタンの全景。携帯型ミサイルランチャーですね。
赤色タイタンとはまた異なるカラーリングですので雰囲気が全く違います。

発射の際はストック部分を肩につけてもいいですし、ミサイルランチャーのように肩乗せでもいいかもしれません。

見にくいですが透明プラの照準装置も。いわゆるフロントサイトだけですので狙いをつけるという意味ではほとんど使えません。

側面にはTITAN AS-V1のロゴ。青色と言ってもNストライクエリートの青色とはまた異なる色合いです。

本体下半分は塗装ではありますが内部部品のようなメカメカしいモールドがありまして、只者ではない雰囲気です。

タイタン専用ミサイル

タイタン専用ミサイル。スポンジ製とはいえかなり大きいものです。製品1個につき1本のみ付属しています。

オレンジの弾頭部分は空気袋のようになっておりまして、着弾時の衝撃を和らげるように出来ています。

全長は約33cm。別売されておりませんので今となっては非常に貴重です。むしろ本体よりこっちのほうがレアで高額なくらい。

遊んでいるとボロボロになってしまうんですよね。

重量は42gもあります。ナーフダーツ42本分。

ユニティパワーシステムのひとつ

3つのナーフを合体させて全弾発射できるギミックを持つ…といえばその魅力は伝わりますでしょうか。

赤バージョンですが写真ではこんな感じになります。
ユニティパワーシステムは複数のナーフを組み合わせることで強くなるという子供の夢をそのまま形にしたようなナーフでして、このタイタン、ホーネット、スカウトの3つで構成されています。

かなり大きなナーフを互いに接続するということで、結構がっちりハマります。おかげで取れなくなった経験あり(半分解しました)。そもそも古い玩具で破損も怖く、あまりユニティパワーシステムに組み上げたくなかったりします。

ハンドガンであるスカウトの取り付けはこちら。写真でピンときた人はナーフマニアと言えるかも。

実はこれっていわゆる現在のナーフ用アクセサリレールの始まりなんです。アクセサリ側の取り付け部分ということになります。やろうと思えばタイタンをアクセサリとして他のナーフへくっつけることも可能。ただし非常に脆いのでオススメはいたしません。

ユニティパワーシステムの各ブラスターを操作するのがこのトリガー類。両方握れば一斉発射となります。

サイズはまさにタイタン級

タイタンはギリシャ神話に出てくる巨体の神の名前でして、それにちなんで巨大なモノについてはタイタンと名付けられることが多々あります。

縮めた状態では全長76cm。

伸ばした状態では88cmにも。全体的にゴツいナーフですので数値以上の大きさを感じます。

装備イメージ。MANPADS(携帯式防空ミサイル)というような雰囲気ですね。青色は端正なイメージといいましょうか、落ち着いた色合いでなかなかいい感じ。

軽量とはいえデカいので、アクセサリ代わりに担いで運用する場合は覚悟が必要です。

操作方法など

タイタンは加圧式ナーフですので、発射前には空気の圧縮動作が必要です。

肩当ての部分を空気入れのように前後に動かします。空気が圧縮されるにしたがって重たくなりますので結構大変。

目安として圧力計が備わっています。だいたい10回ほどで満タンになります。そうすれば発射OKのサインです。

あとは引き金を引けばズポン!とミサイルが飛んでいくはずです。
狭い室内だと結構危なっかしいです。特にテレビやガラス類には注意してください。

そうそう、安全のため(アゴや顔に当たらないよう)、真上には発射できません。真横でないとトリガーロックが掛かる仕組みになっています。



カスタマイズ例

ナーフ取り付け用の凹レールが1個だけあるくらいでアクセサリの取り付けできるような拡張性はありません。

またレール部分も脆弱ですので重量のあるナーフ、もしくはタイタンをアクセサリとして取り付けることはオススメはできません。

スペックなど

初速:7m/s

クローニー型弾速計であればタイタンも計測できます。

これは完全な個体差なんですが、私が所持する青タイタンはシール抜け、気密抜けのためにほとんど初速が出ません。圧縮してもスカスカした感じ。

実際に調子がいいタイタンは11~13m/sくらいの初速を叩き出します。ミサイル重量が42gありますので運動エネルギーは3.0ジュール以上という結構高い数字に。

実射

絶不調ですが頑張っていただきました。

距離7m先のシーツには届きません。何度か撃ちましたが飛距離5mほどが最高でした。

参考までに、調子がいいタイタンはこれくらい飛びます。

ぜんぜん違うのがわかりますでしょうか。これでも圧縮を抑えたほうです。初回はシーツ飛び越えて飛んでいきましたから。

青タイタンも分解してシール部分をグリスアップするだけでも復活するとは思うんですが、タイタンは本体が接着されている関係で分解できない(要切断)なんですよね。

対応ダーツ

付属のタイタンミサイルのみで別売されておりません。過去にごく少数の互換ミサイルが販売されたようですが現在は入手不可。

入手方法

15年前のナーフであること、流通量が少ないカラーであることから入手なかなか難しめ。ただし価格としてはそこまで高騰しておりませんので、海外オークションにアンテナを張っておけば案外と入手しやすかったりします。私も5000円くらい(送料と諸費含めると1万超えました)で購入できましたし。

総評:最高のネタ兵器

対人使用不可で使い所限られる、家具壊しそうで危なっかしい、そもそも弾が貴重すぎて使いづらい…という弱点ばかりのタイタンですけれども、それでも多くの人を惹きつけるのはやはり火力にステータスを全振りしたマッシヴなナーフであるということなんでしょうか。「力こそパワー」的な。

カラーリングとしては今のNストライクエリート色?と言えるんでしょうか。端正なブルーの本体は只者らしからぬ雰囲気を持っています。

青以外にも緑(ハルク版)があります。

色に限らずですが大変面白いナーフです。もし触れる機会がありましたら是非、「旧タイタン」を体験してほしいと思います。

スポンサードリンク



シェアする