【新製品】ライバル XIX-1000ジュピターの商品画像がリークされる

ナーフ新製品情報

先日にお伝えしたライバルシリーズで初となる本格スナイパーライフルの写真が明らかになりました。

【新製品ニュース】ナーフ ライバルに新シリーズ「EDGE」が登場? 今度は「超精度」で勝負!
最近はナーフの定番シリーズとして定着してきたライバルシリーズ。最近は低価格で扱いやすいクロノスの登場で大きく敷居を下げることに成功し、さらにユーザー数を増やすことに成功しています。そんなライバルに新しいシリーズが登場することがわかりました。

 

 

情報元はこちら。海外の大手SNSであるReddit。

Product Photos of Jupiter XIX-1000 Photo Cred: Spektrum (Youtube) from Nerf

 

ライバル XIX1000 ジュピター

 

出展:hasbro

ボルトアクション式のライフルになります。実銃のようにボルトを起こして引いて戻すという操作が必要になりそう。連射は無理でしょうけれども雰囲気は抜群ですね。

 

装弾数は10発でしょうか?ハンドガードというかフォアエンドというか、透明な窓がありますのでその部分に装填するんでしょうか。マガジン式ならいいんですが、どうやらそれは無さそうです。

 

ライバル版”アキュストライク”か

あとSNS上ですでに指摘されているんですが、「ナーフは銃身が長いほど精度が落ちる」という絶対的な不文律というようなものがあります。ナーフのダーツが摩擦力が高く銃身内で擦れてしまうことがその一因だとされておりまして、例えば精度を高めたアキュストライクシリーズでは銃身ができるだけ短くなっています。

【レビュー】アキュストライク ラプターストライク ~狙撃ナーフの集大成~
ナーフでは一般に「狙撃銃」というジャンルはロマン枠とされてきました。それもこれも実銃やエアガンのような高い工作精度・剛性で作られていないので銃身自体が真っ直ぐ接続されていないこと、弾体が軽いので銃身との接触で容易に失速してしまうことが原因で

 

ジュピターも同様に発射機構が非常に前に存在しており、銃身はほぼないのではないかとみられています。

アクセサリレールはバレル上とフォアエンドの2箇所。今の所はライバルシリーズに使える光学機器はドットサイトしかありませんが、もしかするとスコープも今後発売されるのかもしれません。

 

 

付属品はいろいろ。価格は高め?

出展:hasbro

付属品はバイポッド、専用の倒立型ターゲット。あとライバル弾が10発。

ターゲットは倒立式みたいですが、当たると跳ね返るのでボールがどこかへ飛んでいってしまいそう…。

気になるのは価格なんですけれども、他のナーフ・ライバルシリーズが実売40~70ドル前後と考えるとジュピターは50~60ドルくらいと予想。 おそらくかなり大きなパッケージになるでしょうし、日本から買う場合は配送料が高額になってしまうかも。

発売時期は未定。

 

———————-

対象年齢が14歳以上用ということもあって室内遊びには威力過剰ですし、動作音も大きいので夜間には遊べません。あと弾も高い上に紛失しやすいという弱点もあったりと、環境によってはちょっと持て余し気味になってしまうところもあります。

一方で対人戦のために開発されただけあって、ある程度広い場所を確保できるのであれば通常のナーフよりも楽しいのは確か。実際にここまで広くラインナップが増えているのはそれだけ人気が高い証拠なのだと思います。

残念ながら日本では2019年1月時点ではライバルシリーズは販売されておりません。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました