【工作室】ナーフの写真をフォートナイト風にしてみる

子供がハマりまくってるフォートナイト。いわゆるバトルロワイヤル形式のゲームなんですが、4人チーム戦や50人vs50人の紅白戦があったりと多彩なゲームモードが魅力なようです。

あと見た目がポップな感じでマップの自由度も高く、色々と遊びを考えるようなゲーム的な軽さもウケているようですね。ちなみに出血のような残酷表現は極力排除されています。

https://www.epicgames.com/fortnite/ja/home

出典・引用:フォートナイト/エピックゲームス

で、子供のプレイ風景を見ていて思ったのですが、フォートナイトは武器が非常に分かりやすいんですよね。例えば一般的なFPSではアサルトライフルというジャンルの中にAK47やM4というような個別武器があったりしますけれども、フォートナイトではアサルトライフルとしては1種類しかありません。違うのはレアリティ(★の数と性能)だけ。

サムネイルとしてフォートナイト風にしてみた

この判別しやすさはWEBでのアイキャッチ画像にも使えるのではないか?ということで自作してみることにしました。

1、背景を作る グラデーション

まず前述の画像を参考に背景を作成しました。

Illustratorの円形グラデーションツールで真ん中を明るく、外周を暗くします。他のお絵かきソフトでも同等の機能はあります。

2、背景を作る 集中線を描く

新しくレイヤーを作り、そこに三角形の集中線を描いていきます。これも適当でいいかも。

分かりやすいように「枠線あり」で描いていますが、実際には白塗りつぶし・線無しで描きます。

3、背景を作る 集中線を合成

集中線レイヤーの透明度を40%くらいに下げますとこんな感じに出来上がります。フォートナイトそのものですね。

4、素材を合成する

真ん中に置く素材を用意して合成します。

この辺のやり方は千差万別なんですが、背景をうまく除去してあげるとそのままでもサマになります。Illustartorでやるなら写真を画像トレース(写真・低画質または16色モード)→拡張→背景部分を除去・掃除という感じです。

コツとしては出来るだけ単色で本体とは異なる色合いの背景に置いた素材を使うこと。切抜きが格段に楽で綺麗になります。

5、フォントもあるよ

そうそう、フォートナイト風フォントも製作されている方がいらっしゃるので有難く利用させてもらいましょう。

Luckiest Guy Font

https://www.1001fonts.com/luckiest-guy-font.html

フォートナイト風に作ったのではなく1950年代風に作成されたようですね。

文字だけならジェネレータも。こちらは画像でダウンロードできます。

Fortnite (video game) Font

https://fontmeme.com/fortnite-video-game-font/

合成するとこんな感じになります。

少しナーフ本体の色合いが変ですが雰囲気は伝わったのではないでしょうか。

色調を換えればこんな感じにも。

色々と遊んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに今回登場したナーフのレビューはこちら。

2014年にゾンビストライクシリーズから発売されたレバーアクション式ブラスターがこのスリングファイアです。 見ての通りに西部劇...
ナーフでは一般に「狙撃銃」というジャンルはロマン枠とされてきました。それもこれも実銃やエアガンのような高い工作精度・剛性で作られていないので...
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする