【レビュー】Nストライクエリート ジョルト オレンジ~小さくて安い常備ナーフ!?カバンに、ポケットに、引き出しに~

シェアする

【レビュー】Nストライクエリート ジョルト オレンジ

サイズ・重量全長8.5cm  重量54g

発売年

シリーズ

発売元

2011年

Nストライクエリート

ハスブロ

初速12~13m/s装填数×1発
入手先 

対応弾エリートダーツ
吸盤ダーツアキュストダーツ

Nストライクエリート ジョルトって?

2011年に販売されたナーフの中でも最もコンパクトなブラスターの一つです。

ナーフの中ではほぼ最安値。しかもそこそこの飛距離と精度がありますので特にパーティゲームやプレゼント用に大人気のブラスターとなっています。

2019年時点にはコンパクトナーフとしてはマイクロショットシリーズが、安価モデルとしてはアルファストライクが出てきたこともあり、そういう点では「ジョルト」の役割はひとまず終えたのかなと思ったりもします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナーフ マイクロショット ストライフ
価格:1035円(税込、送料別) (2019/8/11時点)

コンパクトさの実現のため様々な工夫を

構造的には工夫が満載で、よくぞここまで少ない部品点数でこの性能を発揮できたなーと感心しきりです。
スプリングやシリンダー等の機関部は全てグリップ部分に。トリガーもシア(ピストンをひっかけておく部品)と一体。銃身部はほぼバレルのみとなっています。

色合いやデザインについて

色合いはNストライクエリートシリーズで増えてきたオレンジ。ストライフと同系統ですね。

警告色としても使われるようなカラーリングですので非常に目立ちます。

サイズについて

手のひらにすっぽりと収まるくらいのサイズです。全長10cmくらい。

ですので大人が持つとかなり窮屈です。小指と薬指の置き場所に困るくらい。

握りこむと指の間から銃身がニョッキリと出ているような不思議な見た目になります。

重量は55gしかありません。

所持していたとしても手で隠れるので隠匿性は最高です。

操作方法など

操作方法は非常に簡単です。そういう点でもパーティゲームに人気だというのが理解できます。

ダーツを入れてレバーを引っ張るだけ。撃つときにトリガーを引く。それだけ。

多少ヘタったダーツでも問題なく発射できますし、仮に詰まってしまっても指で引っ張り出せばいいだけ。トラブルらしいトラブルといえば完全に破損してしまった時ぐらいではないでしょうか。

スポンサードリンク


カスタマイズ

ナーフとしては拡張性は無し。アクセサリや拡張パーツを取り付けることはできません。

しいて言えば小さいのでキーホルダーフックですとかカラピナをつけてカバンにぶら下げるとかでしょうか。

スペックなど詳細

初速:12~13m/s

グレートリガーということで初速は控えめ。

でも逆に言うとダーツが暴れずまっすぐ飛びやすい、コッキングが軽いので子供でも使いやすいというメリットもあります。



エリートダーツ / サクションダーツ / アキュストライクダーツ

入手方法

オレンジ版については現行製品のため米アマゾンで安価に入手可能です。

ただこれだけ購入すると送料が割高になってしまいますので、何か他のナーフを買うときに”ついで”に買うというのがいいかもしれません。

あと結構な頻度で「お買い合わせセール」対象になりますのでそれを狙うという手も。

総評「シンプルな機能美」

最大の特徴であるコンパクトさを生かしてポケットに入れておく、タクティカルベストに刺しておくという使い方が想定できます。

個人的には机の引き出しに入れておいて作業の息抜きの時にペシペシ撃つという使い方もアリなのかなーと思ったりします。
私も自宅で試しにやってみましたが、本気になってしまって作業どころではなくなってしまいましたが。

少し古いゆえに今の段階では他の選択肢に埋もれがちなナーフであるものの、シンプル・イズ・ベストを体現した機能美と言いますか気軽に使えるブラスターです。

スポンサードリンク



シェアする