【新製品】Nストライクエリート・ランページがホワイトになって再登場!

ナーフ新製品情報

連射しやすいグリップ形状、25連という大容量マガジン。ストックアダプター付きで好きなストックが取り付け可能…ということで定番ナーフの確固たる地位を築いているランページ。

【レビュー】Nストライクエリートエリート ランページ ~速射機能搭載!戦場の”暴れん坊”~
2012年に発売されたNストライクエリートシリーズのブラスターです。大きなドラム型マガジンが特徴で、最大25本のダーツを収納することができます。名前はランページ(暴れん坊)。その名の通りに大暴れできるブラスターとなっています。左側に大きな出

 

2019年、ついに新カラーとして再登場することが明らかになりました。

すでに発売から結構な年数が経過していることもあり、またカラーリングもNストライクエリートの青色と限定版のクリアブルーだけということでバリエーションを望む声が多かったようです。

情報元は海外掲示板のredditより。

New Rampage Reskin. Gearoid_o_brien sent this to my insta from Nerf

 

Nストライクエリート ランページ

(c)hasbro

変更点としてはいつくかありますが、

色合いがリタリエイターNCV同じ白と青を基調としたものとなりました

【レビュー】Nストライクエリート リタリエイターNCV ~再び登場!白い復讐者~
組み替えて遊ぶナーフとして登場したリーコン。そしてそのリニューアル版のリタリエイター。高い人気から定番商品となっておりまして、2015年、2017年にはカラーリングを変えたリタリエイターNCVが登場しました。Nストライクエリート リタリエイ

白色になりましたのでモジュラスシリーズともパーツの色合いが合わせられそうですね。というかストックがリタリエイターと同じです。塗装が若干異なりますが。

飛距離が27mにアップしました

以前は15m、75フィート(22m)、90フィート(27m)と混在していましたが、これで27mに統一されました。

(c)Hasbro

これで飛距離についても今の最新ナーフと肩を並べることが出来るようになります。

 

「use only official darts(純正ダーツのみ使うこと)」と表記される

(c)hasbro

巷では様々な互換ダーツが販売されています。安価なだけならいいんですが、硬くて危険なものも数多くありまして目の怪我が増加している原因の一つだとも言われています。ひいては「ナーフは危ない」という風評被害を受けることにも。

【海外ニュース】「先端の固いナーフ弾は目の傷害リスクが2~3倍」バージニア工科大
バージニア工科大学の研究チームがナーフダーツの危険性についてのレポートをまとめたことがわかりました。それによると安価に出回っている先端の固いダーツは純正品に比べて2~3倍近い目へのリスクがあるとのこと。研究チームは衝撃を調べる頭部模型を使用

 

ドラムマガジンがストレートマガジンになる

ランページの最大の目玉でもあった25連ドラムマガジンが省略され、ストレートマガジンになりました。装弾数は半分以下の12発になります。

せっかくの速射機能を活かすにはやはり大容量マガジンが欲しいわけですが…。価格を抑えるためにコスト削減する事はもちろんですが、一方でユーザー側としても別売のものを買うか、別のナーフと共用せよということなのでしょうか。

 

 

価格や発売時期は不明。どこかの限定モデルなのか、それとも普通に販売されるものなのかもまだ分かりません。

 

横出しマガジン、フロントグリップによるコッキング…ということは、最大のライバルは今ならメディエイターでしょうか。それに肉薄するぐらい低価格で入手しやすいナーフになるといいですね。

Nストライクエリート・ランページ(旧モデル)を探す

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました