【雑記】あなたはどの色が好き? 色で見るカラフルで楽しいナーフたち

シェアする

言語切り替え
  • English (United States)
  • 日本語
  • 简体中文

今までシリーズだったり機能的な見方をすることが多かったナーフですが、カラーリングで並べてみるとこれはこれで面白いということが分かりました。

と同時に様々な事情で「存在出来ない色のナーフ」もあったりしまして…

そんなこんなで色ごとのナーフ紹介というとりとめもない雑記、お話です。

なんだか昔のホームページみたいなカラフルな見出し文字のデザインになってしまいましたが、ナーフには本当にいろいろな色が使われています。
この辺は実銃系のトイガンではなかなか実現できない部分ですね。ナーフという架空デザインであるからこそ。

サイズと場所の関係でなかなか並べてみるということは出来ない玩具ではありますけれども、デジタル画像ならばいくらでも並べることが可能です。

こうやってナーフを並べてみますとなんともカラフルですね。

赤色のナーフ

赤といえば戦隊モノのリーダー色。あと熱血系主人公の色でしょうか。

ナーフではメガシリーズのトレードカラーがこの赤です。あとライバルシリーズでも「赤チーム」があったりしますね。
攻撃的な色合いですのでナーフでも同様に火力重視なブラスターが多い印象があります。あと色が強いのでものすごく目立ちます。

上の画像のナーフはサイクロンショック。長射程・高安定性の高性能ブラスターです。パッケージ表記の飛距離は27m(30m)。

高威力長射程のメガシリーズにおいて比較的コンパクトで連射力の高いブラスターとして確固たる地位を築いているサイクロンショックのレビュー記事です。

余談ですがメガシリーズにはこんな化け物も。

日本では知る人ぞ知るメーカーである玩具メーカーであるバズビー・トイズ。 ナーフと同じようにソフトダーツガンを製造販売しております。ナー...

オレンジのナーフ

オレンジといえば食欲をそそる色としてもよく使われます。あと目立ちますので警告色としても見かけることが多い色ですね。

ナーフでは意外とこのオレンジ色が多くって、アキュストライクシリーズがまさにこのオレンジ色です。スナイパーらしくない目立ちっぷり。

【レビュー】アキュストライク クアドラント サイズ・重量 全長24cm 発売年 シリーズ 2018 ...
2017年に発売されたアキュストライク・シリーズのスナイパーライフルがこのアルファホークです。 ハズブロ社によれば「精度向上できないか」と...

過去にはギアアップシリーズも。

より遠くまで、できれば敵よりも遠くから撃ちたい……。ナーフで遊んでいた人なら誰しも願うことではないしょうか。ただナーフは安全性やコストを重視...

色味が薄いものではドゥームランズシリーズも。

【レビュー】ドゥームランズ ロウブリンガー サイズ・重量 全長62cm  重量675g 発売年 シリーズ 20...

黄色のナーフ

黄色といえば戦隊モノでは陽気なサブキャラクター的なポジションでしょうか。

一方、現行のナーフの始まりでもあるNストライクシリーズが黄色であったことからも伝統的、象徴的な色となっています。

2006年に新発売されたNストライクシリーズの一つであり、ナーフでは初といえる本格スナイパーライフルのブラスターです。 ボルトアクション、折りたたみ式バイポット(取り外し不可)、スナイパースコープなど大型狙撃銃らしい風貌となっています。
リロードに時間がかかり、装弾数も少ないという大きな弱点があるリボルバー。 すでに旧式銃とみられがちですが日本の警察では標準配備されています...

最近だとフォートナイトのナーフ、それと廉価版シリーズでもあるアルファストライクシリーズがこの黄色で登場しています。

つい昨日にこちらでお伝えしたナーフ・アルファストライク。 今までは出回っている情報はリーク画像だけでしたが、つい先程ハズブロが...

緑色のナーフ

緑といえば平和と安定の象徴みたいなイメージカラーではありますが、ナーフでは緑はゾンビを叩きのめせ!というようなゾンビストライクのシリーズカラーです。実際には蛍光グリーンですが。

電撃風のギミックを搭載したゾンビストライクのセミオートナーフです。ビリビリとスパークのようなサウンドもありますので非常に楽しいナーフです。
個性派ぞろいのゾンビストライクシリーズの中でも飛びぬけてキワモノな一つがこのクロスカットでしょう。否が応でも目に入る「回転のこぎり」が特徴的なナーフです。もちろん回転します。

あと日本では販売されていませんが濃い緑色のストロングアームもあったりします。

水色のナーフ

レーザータグ フェニックスLTX

スポンジ弾を撃ち出すだけがナーフではありません。実は水鉄砲だってあるんです。水色というサマーグッズらしい色合いからもスーパーソーカーシリーズによく使われているカラーリングです。

ただ残念ながら私、最近のスーパーソーカーはあんまり持っていないものでして……。

で、探してみたらあったのがレーザータグ・フェニックスです。こちらはスポンジ弾でも水鉄砲でもなく赤外線で撃ち合う光線銃シリーズです。

スポンジ製のダーツ弾ではなく赤外線を使った光線銃として販売されていた「レーザータグ」シリーズ。2008年にNERFブランドとして登場したのが...

余談ですが、実は水色のナーフって少ないんですね。

青色のナーフ

これはもう説明不要なほど。ナーフのトレードカラーともいうべき色ですね。Nストライクエリートを始めとしたいろいろなナーフに使用されているカラーです。

【レビュー】Nストライクエリート タイタンCS50 サイズ・重量 全長90cm  重量3kg 発売年 シリーズ ...

ただ実はこの青色も何種類かありまして…

こちらの記事でも書いていますが、微妙に色味が違うんです。

そうそう、先日買ったデルタトルーパーもこれまた微妙に色が違います。

紫色のナーフ・ピンク色のナーフ

レベル スウィートリベンジ

どちらも明るく華やかな色ということでレベルシリーズで良く使われていますね。

レベルは可愛い系シリーズであるものの性能はNストライクシリーズを超えるものも…。花のように可憐でも、鋭利なトゲがあるよ!的な。

2015年、ナーフの女の子向けのシリーズであるレベルから発売されたブラスターがこのミニミスチーフです。シークレット&スパイと銘打たれており、...
2013年秋に発売されたレベルシリーズのリボルバーがこのスウィートリベンジです。ハンマーアクション式となっており、性能も22mとかなりのもの...
ナーフ製品は基本的にカラーバリエーションが多いのが特徴です。販路ごとに異なるカラーにしたり、また再販せずにどんどんと切り替わりますので見つけ...

ただ残念なことにこのレベルシリーズは海外でもシリーズ休止。あるのは市場在庫だけのようです。日本でも以前は並行輸入品が結構あったんですがほとんど消えている状態で…。

買えそうな値段なのはこのスパイライトくらい。LEDライト付きのディスラプターです。ライトは取り外しと他のナーフへ取り付け可能。

茶色のナーフ

茶色。ブラウン。落ち着いた色合いでもありますので個人的には好きなのですが、どうもナーフでは茶色系統はほとんど無いようです。

なんとか探したのがこのワートホグくらい。1990年代後半に製造されたもので、今のナーフとは異なるダーツを使用する、いわゆるレトロ玩具の一つでもあります。

古いナーフ製品の中には動物をモチーフにした、どちらかと言えば気味の悪いデザインが揃う「マックスフォース」というシリーズが有りました。私が持っ...

茶色の木目基調ナーフとか良さそうと思うんですが、どうも後述するアメリカ連邦法の規制がひっかかってくるようで…。

白いナーフ

まじりっ気のない純粋な色!と言うか、それともどんな色にも変幻自在!と考えるか。なかなか深い色でもあるのがこの白色です。

ナーフではモジュラスシリーズが真っ先に思い浮かびますね。純白というか薄いクリーム色ですが。

電動セミオートライフルとして2015年に登場したのがこのモジュラスです。ストックやバレル、スコープやバイポッド等を自由に組み替えて遊ぶことを...

イメージとして純白に近いのはリタリエイターNSVでしょうか。あと未入手ですがウルトラONEとか。

組み替えて遊ぶナーフとして登場したリーコン。そしてそのリニューアル版のリタリエイター。高い人気から定番商品となっておりまして、2015年、2...
10月1日。いよいよナーフ ウルトラ・ワンの解禁日です。 従来のナーフ弾からあえて脱却した新仕様のナーフブラスターということで、賛否両論含めて非常に大きな注目を集めています。 価格は10月2日時点で送料込み7300円。

下地の色に邪魔されないということで、塗装しやすいのがこの白いナーフだったりします。リタリエイターは他社製のパーツも多く、リペイント含めた本格改造用の素材に最適かもしれませんね。

灰色のナーフ・黒色のナーフ

https://vayashis11.com/nerfmarket/wp-content/uploads/2017/03/DSC03787.jpg

米国の連邦法ではトイガンはすぐに識別できる明るい色を使用しなければならないとあります。どうみても銃らしくない見た目のものに関しては除外されるようですが、特に近年は規制が厳しくなっているようで黒色や灰色といった実銃に近い色合いのものは販売が禁止されています。

というわけでナーフでも同様に灰色や黒のブラスターは古い製品を除けばほとんどありません。例えば画像にあるのはレイザービースト。見た目としては銃ではありませんよね。

1994年に発売されたマックスフォースシリーズのブラスターがこのレイザービーストです。 動物をモチーフとしたシリーズで、このレイザービ...

あと灰色担当のナイフはゾンビストライクのマチェーテ。

南米で一般的な日曜道具であるマチェーテ(マチェット)。農作物の刈り取りから草刈りまで幅広く使われる刃物なんですが、ゾンビ映画やゲームでは何故...

スポンジで出来た柔らかい玩具です。銃ではありません。

余談ですが2018年にはウォルマートが一部のトイガンについて販売しないことを発表しています。

Walmart Statement on Firearms Policy

そんなこんなで法的に、そして安全のためにも黒色と灰色のナーフは将来的にも出てくることはなさそうですね。

透明なナーフ

玩具ならではのカラーとして透明があります。クリアーとかシースルー(死語)とかスケルトン(死語)とか。 スケルトンのiMacとかゲームボーイアドバンスは憧れたなー欲しかったなぁーという思い出があります。

ナーフでは実はこのクリアカラーは非常に多くって、無色透明からクリアグリーン(ソニックシリーズ)、クリアブルー(ソニックアイス)、クリアレッド(ソニックファイア)、カラフル(フォートナイト限定パック)があったりします。

どれもキラキラしてて、しかも中の部品の動きが見えると合って人気のシリーズだったりします。

あなたはどの色が好きですか?

いっぱい集めるとカラフルさに楽しくなるナーフたち。あなたはどの色が一番好きでしょうか?本日のラッキカラー的にナーフを選ぶというのも贅沢で楽しいかもしれませんね。

本日のラッキーナーフ

【レビュー】モジュラス タクティカルライト ~待望の白色LEDライト~

【レビュー】モジュラス タクティカルライト サイズ・重量 全長10cm  重量90g 発売年 シリーズ メーカー 2016 モジュラス ハズ…

コメントなし

これでヒット間違いなし!!

スポンサードリンク



シェアする